2018.12.02 Sunday 03:36

不法就労外国人を続々逮捕 Gov’t cracks down on illegal foreign workers

JUGEMテーマ:海外生活

 

今年後半になって不法就労外国人の逮捕が急速に進んでいます。

 

 

特に中国人の逮捕がダントツです。オンラインギャンブルセンターと言われる中国人目当てのオンラインでのギャンブルに関する不法就労が目立っています。

 

 

パシグ市で78人の中国人が逮捕されましたが、これもオンラインギャンブルです。またクラーク、アンヘレスで170人もの中国人がオンラインギャンブルで逮捕されています。

 

 

もちろんこのオンラインギャンブルだけでなく、ビノンドでの取締で81名の外国人が違法に商品を販売していたとして逮捕されています。チャイナタウンの庶民的なモールに行けば、おびただしい数の中国人の店があります。ここには不法就労の外国人が山程いるでしょうね。

 

 

多くの中国人労働者が観光客として到着し、移民局と様々な機関が発行した労働許可証または雇用査証にビザを変更すると言われています。

 

 

バクラランのショッピングモールで不法就労外国人が46名逮捕されましたが、中国人だけでなく、バングラデッシュやパキスタン人も含まれています。

 

 

2017年には不法就労で逮捕された外国人は173名でしたが、2018年はもう393名逮捕されています。この不法就労は上院でもかなり問題視されていて、ヴィラヌエバ上院議員やポー上院議員が積極的にこの件に関与しています。

 

 

ドゥテルテ大統領もこの不法就労に言及しましたが、事は慎重に行われなくてはならないと発言しています。中国にもフィリピン人労働者がかなりの数存在していることに憂慮したものとみられます。

 

 

ソーシャル・ウエザー・ステーションの2018年第三四半期の調査によれば、フィリピンの失業率は22%、成人失業者は980万人に達するとの結果が出ています。これでは外国人不法就労に対して厳しくしないと世間が納得しないでしょうね。

 

2015年から2017年にかけて外国人に発行された労働許可証は115000人に交付されましたが、そのうちの52000件は中国人に交付されています。ほぼ半分近いですね。

 

 

自由労働者連盟(FFW)は「数十万人の中国人労働者の流入は、雇用だけでなく国家安全保障にとっても危険です」と述べています。

リサ・ホンティヴェロス(Risa Hontiveros)上院議員は、「中国人労働者の流入は、国の主権と経済に対する攻撃である」と述べました。

 

 

日本の議員さんたちもこのくらいの事言えないのでしょうかね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po! 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 


2018.11.26 Monday 00:12

日本の「お一人様」がフィリピンのニュースに Ohitorisama is new trend in Japan

JUGEMテーマ:海外生活

 

日本で「お一人様」が流行りだしたのはいつ頃からでしょうか。かなりこのブームというか生活習慣は根付いてきていますね。

 

 

フィリピンのニュースでこの日本の「お一人様」が取り上げられています。フィリピンの習慣では「お一人様」はまずあり得ないですよね。とにかく皆でつるむのが大好きなフィリピン人には考えられないことじゃないですかね。

 

 

今や日本では女性の「お一人様」も普通になりましたよね。そのためにレストランは「一人鍋」とか「一人焼肉」とか、女性のお客さんが気兼ねなく入店できるインテリアや店の造りを変えてきました。

 

 

かたやフィリピンでは10人以上で来店する客のために大テーブルを用意しています。家族、一族郎党が集まっての食事です。

 

 

カフェでは一人で入店しているフィリピン人もたまに見かけますが、やはり数人でいることが普通のようです。

 

 

そんな中、日本の「一人カラオケ」が今ブームになっています。また「カラオケオフィス」もブームになっているようですね。

 

 

「カラオケオフィス」はカフェなどでビジネスの話をすると周りの人に聞かれてしまい、秘密が保てません。

 

 

それ故、カラオケの個室をビジネス・オフィスのように使うんですね。それにオフィスの機能をカラオケ装置に持たせればかなりのことが出来るようになります。

 

 

しかしカラオケボックスでミーティングや仕事なんか、フィリピン人にとっては青天の霹靂でしょうね。

 

 

記事では「ラーメン一蘭」の例も挙げています。

 

 

 

自動販売機で食券を買い、分割されたブースで食べるという文化を紹介しています。

 

 

こんな記事を読んでフィリピン人はどのように考えるんでしょうか?

 

 

将来的にはフィリピンもこのように「お一人様」文化が出来ていくのでしょうか。実に興味深いことです。

 

 

皆さんはどのように考えられますか?

 

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.11.23 Friday 03:15

フィリピンはゴミ捨て場じゃない! Philippines is not a dumping site

JUGEMテーマ:海外生活

 

今年7月21日に韓国から運び出されたコンテナ船のコンテナに5100トンもの有害廃棄物が積載されてフィリピンに運び込まれました。

 

 

ミンダナオ島、ミサミス・オリエンタル州のミンダナオ国際コンテナターミナルには、1,000個以上の梱包が今もなお放置されています。そのゴミには有害廃棄物が含まれていることが判明しました。

 

 

出荷は合法的な「プラスチック合成フレーク」用として持ち込まれました。

 

しかし、詳細な検査や廃棄物の特性評価や分析の結果、使用済みのデキストロースチューブ、使用済みのおむつ、電池、電球、電子機器などの有害物質を含む梱包箱には、さまざまなゴミが含まれていました。

 

 

環境・天然資源省(DENR)は、韓国の有害廃棄物を含む混合ゴミであることが判明した「輸入業者」に対して訴訟を起こそうとしています。

 

 

輸入業者は、輸入許可はないが、リサイクル可能なプラスチック材料を国の港に持ち込むという見せかけで、何トンもの廃棄物を持ち込むことに成功しました。

 

 

その業者はミンダナオ島のタゴロアン町(Tagoloan)で廃棄物リサイクル施設を運営する韓国のベルデ・ソコ競ぅ鵐瀬好肇螢▲襦Ε魁璽廖Verde Soko II Industrial Corp.)です。

 

 

環境・天然資源省(DENR)は「出荷を引き起こしたと考えられる会社の背後にある人物を特定した後に、訴訟を起こすと述べています。「韓国人がこれに関与しているかどうか、韓国の司法関係者が関与しているかどうかを調べる」としています。

 

 

韓国政府は22日、フィリピンの韓国大使館が発表した声明で、問題の廃棄物をできるだけ早く韓国に戻すための措置を取ると述べました。

 

 

さてさて本当に韓国政府は約束を守るのでしょうかね?

 

日本との約束は全く守らないですよね。フィリピンとの約束は守るのかな?

 

仮に、約束を守って韓国に返送したとして、この有害ゴミをどうするんでしょうかね?

 

まさか竹島沖に海洋投棄なんかしないでしょうね。

 

日本もこの辺はしっかりとウオッチしていかなくてはいけないと思います。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!    

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.07.18 Wednesday 08:43

マニラ渋滞解消のための2本の橋を計画 パシッグ川

JUGEMテーマ:海外生活

 

フィリピン公共事業省(Department of Public Works and Highways)はマニラの交通渋滞解消のため、2本の橋をパシッグ川に建設すると発表しました。いまやマニラは東南アジアで一番と思える最悪の渋滞を起こしていると思うくらいひどい渋滞に悩まされています。

 

 

現在パシッグ川には30本の橋が架かっていますが、これに加えて12本の橋を建設予定しています。この2本の橋はこの12本の橋の先駆けとなります。

 

 

この2本の橋はChinaマネーで建設されるようです。4車線の橋2本で7000万ドルの資金が必要となるそうで、日本円で約79億円ほどになります。なにかちょっと安いような気がしますが、どうなんでしょう。

 


 

 

BINONDO-INTRAMUROS(ビノンド ー イントラムロス)間の橋の長さは737メートルです。ビノンドは中華街として有名な場所ですから、Chinaマネーが入り込んできたんでしょうか。まあ昔からビノンドの交通渋滞は有名でしたね。

 

 

 

Estrella-Pantaleon(エストレーリャ ー パンタレオン)を結ぶ橋は全長506.46メートルです。

これらの計画はメトロマニラ物流マスタープランの一角だそうです。早くマニラの渋滞がなくなって欲しいですが、なかなか難しいでしょうね。 完成は2年後の2020年になるそうです。

溜息 溜息 溜息

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 フィリピン公共事業省長官マーク・ビリャール


2015.02.18 Wednesday 10:00

「メトロマニラはより安全になっている」ロハス内務長官 Metro Manila a Safer Place - Roxas

何かと治安が悪いと評判のメトロマニラですが、昨日マヌエル・ロハス内務長官が「メトロマニラの治安は昨年に比べてより安全になっている」と発表しました。

ロハス内務長官は過去7ヶ月間のマニラ首都圏警察の執拗な犯罪取締により犯罪率が大幅に減少したと話しています。

フィリピン国家警察の創立24周年記念の式典でフィリピン国家警察の忍耐力、献身、プロフェッショナリズム、サービスの結果として偉業を達成したと述べました。

全然、実感として治安が良くなったとは思わないですが、実際数字は減少しているようです。

その辺の数字をちょっと見てみましょう。昨年6月に窃盗、強盗、車の盗難、バイクでのひったくりなど、週に1200件に上っていました。その犯罪の数字が577に、そして522に下がり、先週は436に下がったそうです。これが本当なら件数は3分の一に下がったことになりますね。

北部警察地区では2014年前半、未解決事件が73件ありましたが、これが43件に減少したそうです。

東部警察地区では週110件あった犯罪が81件に減少。マニラ警察地区では昨年220件あったものが97件に、南部警察地区では222件あったものが75件に、ケソンシティ警察地区では270件のものが141件に減少したそうです。

まあ、この数字が本物で本当にこれからも減少していくのなら大歓迎なんですけれど。

あと、警官の不祥事も無くして欲しいですね。かつてニューヨークが劇的に犯罪率を減少させたようにマニラでも同じことが起こったら、それこを大事件になるでしょうね。でもいつかマニラの汚名が返上されることをのぞんでいます。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.12.25 Thursday 08:49

TOP10世界のクレージーなクリスマス・デコレーション フィリピンは? Top 10 Over-The-Top Christmas Decorations

今日はクリスマス。待ちに待ったフィリピン最大のお祭りです。

クリスマスを祝う人々は世界中で大勢いるのでしょうが、やはりそれぞれの国の独特な飾り付けがあるようです。その中でもクレージーなクリスマス・デコレーションがあるようです。そのトップ10をご紹介します。フィリピンも入っていますよ。

まずはポルトガルです。世界でも有数の一番高いクリスマスツリーの一つです。

高さはどのくらいになるんでしょうね。どうも2005年は世界一高かったようですが、今は他の国に負けてしまったみたいです。まあ固いことは言わないでいきましょう、今日はクリスマスです。

ドイツにはサンタガーデンなるものがあるようですね。

サンタの大きな家があって、たくさんのサンタクロースの飾り付けがしてあるといったものなんでしょうね。

中国の雪の彫刻。中国は宗教はご法度じゃなかったの?自衛隊の作る札幌の雪の彫刻のほうが優れているぞ。

ひょっとしてキリスト教はいいのかな?チベット密教はダメですけどね。

南アフリカのクリスマス・ハウス。

要するにクリスマスの家。クリスマスの飾りつけの集大成の家ってことなんでしょうね。

香港の光の装飾。

一度クリスマスの香港に行きましたが、それなりにきれいでしたね。

タイも仏教国ではあるけれど、やはりクリスマスは別格なんですね。

でもこのチョコレート・クリスマスツリーはなかなかいいですね。何がいいって、食べられるからです。終わった後は皆で食べちゃうんでしょうね。

またまたドイツの世界有数の一番高いキャンドルライトです。

確かに高いのですが、だから何なの?と言ってしまっては元も子も無いですね。火がついているわけでもないんですよね。あくまでも電飾です。

リトアニアの氷の宮殿です。

うーん、どうなんでしょう?

ポルトガルのヘリウムガスで膨らませたサンタクロースです。

いっそのこと空を飛ばせばもっと面白いと思うんですが。

最後になりました。フィリピンです。スターランタン。フィリピンではパロルと呼んでいますね。

確かにあちこちの家でくるくるまわっています。

クリスマスには欠かせないこのパロル、結構高いんですけど買っていく人がかなりいるんですよね。

このトップ10を作った人は「これらのクレージーなクリスマスの装飾は信じられないほどの長い時間飾られる」と書いているところを見ると、馬鹿馬鹿しいという批判的な意味を込めて集めたんでしょうね。

まあこのお祭りがあるからこそ元気に生きているフィリピン人。この季節、こちらも相乗りして楽しませてもらいましょう。 メリー・クリスマス!!!

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.12.21 Sunday 08:57

モンテンルパ刑務所のガサ入れで出てきた物 驚嘆! Politicians own guns seized in New Bilibid Prison

12月15日司法省デリマ長官を筆頭にモンテンルパ刑務所(本当の名前はニュービリビッド刑務所)にガサ入れを行いました。以前から刑務所の特別待遇や所内での武器、麻薬などに関しての噂が絶えませんでしたが、今回デリマ司法長官によって捜索が行われました。

なんと出てくる、出てくる、いろいろなものが出てきました。でもかなりのものは事前に看守から捜索の情報が漏れていたようで隠されたり、所外に持ち出されたりと、完全な不意打ちにはなりませんでした。でもそれなりの成果はありました。写真は中央にいる女性がデリマ司法長官です。

何と言ってもライフルを含めた銃が6丁出てきましたね。それに大量の紙幣、麻薬などです。銃6丁のうち4丁は下院議員や政治家の名義になっているとのこと。当然ながらこれらの政治家は法廷に呼び出されて追求を受けることになります。

とにかくこの刑務所の中にはとてつもないものがたくさん隠されていると言われていますので、本当の急襲であったならもっと面白かったでしょうね。

何と言ってもここの受刑者の中では麻薬王と呼ばれるピーター・コー受刑者がある程度の標的になっています。彼の特別にあつらえた部屋はビックリ仰天です。まずは有線の監視カメラがついているんですね。やはり防犯は刑務所内でも大事ですね。特に大物になればなるほど必要となりますね。

それに数々のオーディオ機器。プレイステーション4だってあるんです。

当たり前のごとく超大型フラットテレビ。さっきの監視カメラの映像もこのテレビに映るんでしょうね。

これで驚いちゃいけません、プロジェクターだって完備です。もちろんコンピューターもアップルです。インターネット用のwifi増幅器も完備です。どのくらいのスピードでしょうかね。きっと私の家のwifiよりも速いんでしょうね。

2つある寝室の1つの見せ掛けの壁の裏にはサウナとジャグジーもありました。もちろんバス・トイレはホテル並です。

当然ながらクーラーは最新式のコンバーターでしょうか。

捜索に入った時に身に着けていた時計はダイヤモンドが散りばめられたロレックスです。その他現金を16万9千ペソと2千6百ドルをポケットに入れて持っていたそうです。

パテック・フィリップなんかも置いてあるんですね。

キャッシュはハンディ・セーフティボックスに入っていたのでしょうか、140万ペソあったそうです。

一つの部屋はディスコライトが点滅してバンド用の楽器が全部おいてあったそうですよ。

酒も煙草も全て高級なものが置かれていて本当にハーレム状態だったのですね。もちろん麻薬の吸引具も完備です。セックストイの人形もありましたね。きっとあれはメイドインジャパンなんでしょう。でも本物の女性も相当出入りしていたと思いますけどね。

高級靴もイメルダ夫人に負けないくらいあったんですかね。
本当にフィリピン司法省頑張ってくださいね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.09.05 Friday 08:13

世界で最も売れた物ベスト5 The Top 5 Best-Selling Products in the World

では今日は世界で最も売れた物のベスト5をご紹介いたします。トヨタカローラやプレイステーションがトップ10には入っていましたが、さてベスト5はどうでしょう。残念ながらフィリピン製は何も入っていません。入っている訳ないですね。

5 ハリーポッターです。この本は本当に売れましたよね。

この本は今までに全世界で4億5千万部売れたそうです。2013年に全世界で売れた本の80%に当たる数だそうです。著作権料すごいんでしょうね。しかも映画もありますよね。

4 アイフォーン(iPhone)です。何と言ってもiPhoneですよね。私もiPhone4と5Sと2つ持っています。もはやこのiPhone無しでは生きていけないです。

このiPhoneですが、2007年に発売以来全世界で5億1千6百万台売れたそうです。EUの総人口よりも多いそうです。

3 いよいよベスト3に入ります。アングリーバード(Angry Bird)です。全世界で最も売れたゲームです。日本ではあまりヒットしませんでしたが、世界ではすごいヒットを飛ばしました。2009年の発売時はiPhone向けのみでしたが、その後アンドロイドなどでも使用できるようになり20億ダウンロードを達成しました。

一人が1ダウンロードの換算で世界の人口の29%がダウンロードしたことになります。

2 レイズ(Lays)のポテトチップスです。どうも創業は1938年くらいみたいですね。現在アメリカで年に6億3千3百万袋を売り上げているこのポテトチップス、総計でいくらになるのか?第2位にふさわしいです。

何とこの売り上げの数のポテトチップスの重さは航空母艦よりも重いそうです。あまり日本人には馴染みがないですね。やはりアメリカ人のポテトチップスを食べる量は半端じゃないんですね。

1 やはり1位に輝いたのはコカコーラ(Coca Cola)です。納得!

1日に何と18億缶を売り上げています。世界中の人間の10人に2人は毎日コーラを飲んでいる計算になります。コーラ好きの人って結構多いですよね。いやいや、ため息です。

というところで、いかがでしたでしょうか。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.09.04 Thursday 08:29

世界で最も良く売れた物トップ10(10-6) The 10 best-selling products in the world(10-6)

世界で最も良く売れた物の10傑のうちの10から6までをご紹介いたします。
なるほどと思うものもたくさんありますが、日本人にはあまり馴染みのないものも一つだけありますね。


10 まずはこれです。日本の誇る自動車の中でも永遠のベストセラーだったのがこの「トヨタ・カローラ」ですね。こういうのは日本人として本当にうれしいです。

1966年の発売開始から総計で4070万台が売れたそうです。バンパーとバンパーをくっつけて売れた車の長さを計ると、何とニューヨークからロサンジェルスまで48往復するそうです。

9 次はマイケル・ジャクソンの「スリラー」です。これも売れましたね。

1982年の発売から総計で7000万枚以上を売り上げたそうです。海賊版を入れたらそれこそすごい数になるんでしょうね。

8 アップルの誇るアイパッド(iPad)です。2010年に発売して以来2億1千百万台を販売しました。
故スティーブ・ジョブス氏の天才の為せる業なんでしょうね。私も持ってます。


このアイパッドを高さで並べていくと地球を一周するそうです。すごい量ですね。

7 ソニーの誇るプレーステーションです。1995年以来3億4千4百万台売れたそうです。初期のプレステを私も買いましたね。

この総計の重さはサンフランシスコのゴールデンブリッジ2つ分の重さになるそうです。

6 ルービックキューブです。これも未だに売れていますよね。ハンガリー人の建築家であるエルノー・ルービック氏が1974年に発明しました。これってたぶんやったことの無い人はいないんじゃないですかね(このブログを読んでいらっしゃる方たちですけど)

これは1980年以来3億5千万台売れたそうです。生まれた国ハンガリーの人口の35倍分だそうです。ハンガリーって人口が1千万くらいなんですね。

というところで今日はおしまいです。明日に続きますが、明日は何が出てくるでしょうか、お楽しみに。皆さんもちょっと考えてみてくださいね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.07.19 Saturday 07:37

グリーンアップル 新しいドラッグに注意! New Drug Green Apple

日本でも脱法ハーブの問題がクローズアップされていますが、ここフィリピンでもドラッグに対する取り締まりを強化する方向で動いています。

国家捜査局(National Bureau of Investigation)通称、NBIとDangerous Drugs Board(危険薬物委員会とでも呼ぶのでしょうか)が新しいグリーンアップルというドラッグの売人たちを厳しく取り締まると声明を発表しています。

グリーンアップルは最近学校や大学のキャンパスで売られているそうです。このドラッグ、緑色をしているところからこのように名付けられています。ちょっと名前もきれいなので、ちょっと簡単に手を出してしまう学生も多いのでしょう。

一昔前まではエクスタシー(Ecstasy)や

フライハイ(Fly High)などのドラッグが流行しました。日本でも同じようにエクスタシー(Ecstasy)が流行りましたね。

使用感は意識がはっきりとして、パフォーマンスを向上させる気になると言われています。また心拍数が上がるそうです。まあ、覚せい剤とほぼ同じようなパフォーマンスを得られるということなんでしょうかね。

最近はまぎらわしいキャンディなんかも通販で発売されていますので余計気をつけないと若い子は騙されてしまいます。

グリーンアップル・ポッピング・キャンディ(Green Apple Popping Candy)なるものがあるんです。口のなかで弾けるキャンディなんですね。こんなものを引き合いに出されると何かたいしたことも無いような気にさせます。

ポップ・ロックスという名前がついています。

こんなのもあります。

とにかくドラッグはいけません。合法であるとか何とかではなく、とにかく禁止です。このグリーンアップルはヨーロッパやアメリカでは違法薬物に指定されています。フィリピンでも違法薬物の指定に動き出しました。日本の脱法ハーブも根本から取り締まらないといけません。こうしたドラッグは自分を滅ぼすだけでなく、他人に迷惑をかけることになります。皆さんで根絶させましょう。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 6pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.