2016.03.28 Monday 18:07

セブパシフィック航空 新しい制服

JUGEMテーマ:海外生活
皆さん、お久しぶりです。約2年ぶりに投稿いたします。かつて2年数ヶ月毎日ブログを書き続けられたのは皆さんに愛読していただいたおかげです。久しぶりにちょっと書いてみようかと思い立ちました。続けていくかどうかはわかりませんが、時々は投稿しようかと考えています。またよろしくお願いいたします。

3月27日にセブパシフィックに搭乗しました。何と制服が変わっていました。しかし、しかしちょっとセンス悪と思ってしまいました。


前の制服のほうが断然いいじゃない!と思うのは私だけでしょうか。フィリピンの有名ファッションブランドBENCHの作った制服です。ちなみに横にいるのは私なんですが私のはベンチじゃないですよ。シャイタイプなのでちら見せです(爆)

この制服、開業20周年を記念して変えたとのこと。プロモーションの制服の写真もあまりいい感じじゃないんですが・・・

キャビンアテンダントのお姉さんの制服姿の近接撮影がないのはちょっと寄って撮ろうという気になるアテンダントのお姉さんが居なかったので・・・

皆さんはどう思われますか?

この制服、フィリピン人の有名デザイナー・ジュン・エスカリオ(JUN ESCARIO)氏のデザインです。でもこのブルーのスカートはちょっといけてない気がするんですが。

わかった!要するに制服を着ている人が悪かったんだ!ということにしておきましょう。


とりあえずセブパシフィック航空さん20周年おめでとうございます。いまや押しも押されぬ航空会社になりましたね。これからも頑張ってくださいね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!


 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2015.02.16 Monday 03:53

飛行機の中にこんな物を持ち込もうとする奴がいるんだ! Crazy Things People have tried to carry on planes

これは実際にアメリカで摘発されたものですが、このフィリピンではかなりいろいろなものが持ち込まれているような気がします。

これから世界はテロに備えてますます厳しい体制を引いていくことになるでしょうね。

そんなもろもろの持ち込まれたものを見てみましょう。

まずは鍵とかに見せかけたナイフです。こんなものだと見過ごされちゃう可能性大ですね。

これはなんなんですかね。口紅のようなものに見せかけているものでしょうか。

これって聖書の中に弾薬を隠しているんですね。

タンクを攻撃する兵器ですよ!

生きたうなぎです。これもだめでしょう。

蛇は絶対にだめです。大嫌いです。

ぬいぐるみの中にいろんなものを隠すのは常套手段ですね。

こういったブーツの名に仕込みナイフがあるんですね。座頭一は乗れないですね。

ベルトのバックルに隠されたナイフ。

携帯にみせかけた万能ナイフみたいなものですね。

プラスチック爆弾のC4、これなんかで自爆テロをされたら飛行機はすぐ落ちますね。

これなんなんですかね?危険物はわかるけど、なんだかわかりません。

テレビや映画で見た武器もありますよ。

バットマンが使っているブーメランのような手裏剣。

ゲーム・オブ・スローンで使っていたモーニングスター。

ハンガーゲームで使っていた弓と剣。こんな武器もだめですが、

マリファナもいけませんよ! 危険物、禁制品などは持ち込まないようにしましょうね。ちなみにフィリピンでは傘は機内持ち込みはだめですので、あらかじめ預け入れ荷物の中にいれましょう。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2015.01.13 Tuesday 05:55

第3ターミナル国際線のラウンジ Lounge in NAIA3

セブ・パシフィック航空が大阪からマニラに飛ぶようになってから日本に帰るのには第3ターミナルをほとんど使用しています。第1や第2は混雑しているのと、相変わらずのゆすり・たかりが多いのでほとんどセブ・パシフィック航空を利用することが多い。日本なら、カードラウンジ等があるのでゆっくりできますが、フィリピンではなかなかないのが一つのネックでした。

全日空も自前のラウンジはなく(ほとんど乗ったことはありませんが)一般のレストランをラウンジとして使っているので、ちょっとゆっくりという感じではないですね。

もっともラウンジはなくても、ゲートの椅子に座ってポケットWIFIを使用してインターネット接続をしているので、あまり時間は気になりませんが、でもWIFIが使えるラウンジがあるといいですよね。

そんな貴方に朗報があります。遂にプライオリティ・パスのラウンジが第3ターミナルにできたんですね。もちろん、プライオリティ・パスをお持ちでないとだめなんですけど、結構持っていらっしゃる方も多いと思います。そんな方は是非、次回はラウンジを使ってみてください。

名前はパシフィック・クラブ(Pacific Club)です。この看板を追って行けば到着します。

場所はイミグレーションを抜けて、持ち物検査が終了したところの前の細い路地を入ります。ちょうどデューティー・フリーの右側になります。国内線との仕切りのすぐそばです。

ここを抜けるとちょうどゲート114のところに出るのですが、その右側にエレベーターがあります。そのエレベーターに乗って4階にいってください。パシフィック・クラブの看板がずっと出ているのでわかると思います。

4階で降りたら左にいき、またすぐ左に突き当りまでいけば到着です。

中はこんな感じでゆったりとしています。かなり広いですね。

飲物もウイスキー・ビール・ワイン等だいたいのものはあります。

食べ物もちょこちょこといろいろありますよ。

もちろんWIFIも完備です。フルーツも置いてありますよ。

特におすすめはここのルーガオ(おかゆ)です。

フィリピンはどこに行っても大体このルーガオは当りはずれがないんですが、ここのはなかなか美味しかったです。

プライオリティ・パスをお持ちでない方はネットで検索して頂ければすぐ出てきます。意外と簡単に取れると思いますので、興味のある方は検索して見てください。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.11.11 Tuesday 09:06

どんどん台頭する世界のLCC(格安飛行機会社) The World's Best Budget Airlines

世界は自分の知らないところでどんどん変わっていくんですね。このLCC(格安飛行機会社)のラインアップを見ただけで本当にそう思いました。皆さんもこのどんどん台頭してきているLCCの内、いくつの会社の名前を知っていますか?驚きです。

まずはWOW。WOW Philippineのワオ!です。インパクトある名前ですね。思わず値段を見てワオと叫んでしまうということで付けられたんでしょうね。アイスランドのLCCです。あの政府でさえもあれだけ効率の良い政府を作れるのですから、ましてやLCCなんかちょろいものかもしれません。来年からはアメリカにも飛んでいくようです。2015年3月にはボストンへ、6月にはボルチモアに飛ぶそうです。機材は新しく、アテンダントは陽気でエンターテイン性に富んだいるそうです。

ピーチです。これは知ってます。いろいろと政治的な部分もあるのかもしれませんが、LCC専用ターミナルを関西空港に作ったことはちょっとすごいですね。ローカル食のたこ焼きなんかも出しているんですね。またボーディングも列の後ろから順番ではなくてウインドウシートからミドル、アイルと順番に乗るんですね。この方法のほうが実は早く搭乗できるんだそうです。でもこれはピーチくらいしか採用していないのかもしれませんね。これ画期的です。

ノルウェイ航空です。この航空会社はLCCなんですかね?ちょっと違うような気もしなくはないですが、優位性を保とうとどんどん路線を拡大しています。世界126都市に飛んでいます。新しい機材ではWIFIがフリーみたいですね。

WESTJETです。このウエストジェットはカナダの2番目に大きい飛行機会社だそうです。サウスウエスト航空などを目標にして設立されあっという間に90以上の都市に就航している。新しい機材では衛星テレビも装備されている。

FASTJETです。ファストジェットは主にアフリカで就航しているLCCです。2012年にタンザニアに生まれたまだ新しいLCCですが、急速にアフリカで路線を伸ばしています。

IndiGoです。2006年発足以来、インドでは一番大きな飛行機会社になったインディゴです。やはりエアバスA320を多用しています。インド国内31都市、海外7都市に就航しています。エアインディアはどうなっちゃたんでしょうね。

VivaAerobusです。このビバアエロバスはメキシコのLCCです。現在ボーイング機からエアバスに機材をチェンジしています。2016年までにすべての機材をエアバスにするようです。49の国内都市、5つのアメリカの都市にしゅうこうしています。

Jetstarです。日本にもたくさん飛んでいるので皆さんご存知ですよね。オーストラリアの航空会社ですが、アジアでは確実にのしてきています。16カ国、60都市に就航しています。

Vuelingです。バルセロナを基点とするスペインのLCCブエリング航空です。ヨーロッパ、スペインの都市も含めて141都市に就航しています。

Transaviaです。このトランスアビア航空はエールフランスとKLMのLCCです。アムステルダムとパリのオルリー空港を基点として地中海沿岸に飛ばしています。

ちょっと見ないうちに瞬く間にLCCは増殖してきたのですね。全然知らない航空会社がたくさん、たぶんもっと調べると今まで知っていた航空会社は無くなってしまっているなんてこともあるのでしょうね。時代の移り変わりが本当に激しくなりました。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.10.20 Monday 09:03

ニノイ・アキノ国際空港はもはや世界最悪の空港では無くなった! NAIA no longer worst airport

先日「またしてもマニラ空港・世界のワースト空港ベスト10入り」という記事を掲載しましが、ここに来て今まで3年間世界で最悪の空港第1位として君臨してきたニノイ・アキノ国際空港の評価が変わりました。

先週の水曜日に発表されました「The Guide to Sleeping in Airports」(空港での睡眠ガイド)という読者アンケート調査で第4位に転落しました。いままでこのサイト(www.sleepinginairports.net)で1位を遵守してきたのですけどね。

今年栄えある世界のワースト空港トップ3に選ばれたのがこのネパールのカトマンズ・トリブバン国際空港、第3位です。

第2位はサウジアラビアのジェッダにあるキング・アブドゥルアズィーズ国際空港です。

栄えある第1位はパキスタンのイスラマバードにあるベナジル・ブット国際空港です。

アブドゥルアズィーズ王もブット元首相も名前が付いているだけに汚名を着せられたということですね。ニノイ・アキノ氏もそうですけどね。だから息子が父親の汚名返上に汗をかいているということでしょうか。

とはいえ、アジアではやはりまだワースト3の地位は奪われていません。まだまだ3位ですよ。まあ、寝るところどころか休むところもないですからね。

この調査は2013年の8月から2014年の9月にかけておこなわれ、その結果第1位から4位に転落しました。多少のターミナル1の改善とターミナル3に対する好評がこの結果を生んだものと考えられています。

この読者アンケートはこの4点に重点をおいています。まずは便利さ、快適さ、清潔度、乗客へのサービスです。便利さにおいては欠航や遅延の場合に24時間のフードサービスが無いこと、施設がほとんどないので時間を潰すことができないこと、wifiのアクセスが無いことを挙げています。

清潔さは床が汚かったり、フードコートの乱雑さ、トイレの悪臭などが挙げられました。

カスタマーサービスに関しては協力的でなく、非友好的な空港スタッフ、空港で睡眠をとることに対する政策の無さを挙げています。

調査ではターミナル1は汚い、混雑、騒音、暑い、座るシートがないなどの苦情が述べられています。

今年4月にはターミナル1はエアコンが故障したために、世界最大の公衆サウナと化したそうです。

フィリピンの表玄関をもっときれいで使い易い空港にしましょう。いつも自慢げに言っているフィリピン人のホスピタリティはどこに行ったんだ!!!いい加減に「ぼったくり空港」の汚名も返上して欲しい。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.10.08 Wednesday 08:38

またしてもマニラ空港・世界のワースト空港ベスト10入り

またしてもニノイ・アキノ・インターナショナル・エアポート(NAIA)が世界の最悪の空港にノミネートされました。アメリカのウエブ・サイトThe Cheat Sheetが世界のワースト空港10傑を発表しました。もちろんフィリピンの誇るマニラ国際空港(NAIA)は堂々とランク入りしていますよ。

この世界のワースト空港10傑は空港の設備の悪さと順番待ちの列の酷さなどが基準になっています。

またこのザ・チート・シートのウエブサイトにおいては、世界中でその暖かな心遣いで有名なフィリピン人でありながら、無礼な空港スタッフがいることに関しても言及しています。

旅行者は空港の設備の概要について不平を言っていると書いています。特に空港のスタッフ、オフィサー、何にでも時間がかかることなどに言及しています。

空港のターミナルの外まで続く長い列に関しても言及しています。空港がその能力を超えて操業している結果として、長い列ができることを指摘しています。

毎年3200万人がこのマニラ空港を利用していますが、その設備たるや600万人が限界の設備を使用していることに驚かされます。

2013年にトラベルウエブサイトの「スリーピング・イン・エアポート(Sleeping in Airports)」において世界で最悪の空港として紹介されました。このランクは心地よさ、便利さ、清潔さ、サービスの要素で算出されました。

しかしながら、このザ・チート・シートのサイトでは良いニュースとしてマニラ空港がもうすでにグレードアップと改築に着手したとも伝えています。

フィリピンの交通通信省(D.O.T.C.)ではすでにマニラ空港の改築に着手しているとアピールしています。

この改築は2015年の4月までに終わらせる予定となっています。
でも空港が新しくなっても中で働いている連中が変わらなければ何も変わらないですよね。

以下がワースト空港の9空港です。
パリ・シャルル・ドゴール空港
ロサンジェルス空港
イタリア・ベルガモ・オリオ・アルセリオ空港
ニューヨーク・ラガーディア空港
スイス・チューリッヒ空港
チャド・ンジャメナ空港
モスクワ・シェレメーチェヴォ空港
アーカンサス・ビル・アンド・ヒラリークリントン空港
インド・カルカッタ・ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース空港

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.09.10 Wednesday 02:51

フィリピン航空の株が10億ドルで・・・ SMC sells back PAL stake for $1B

フィリピン航空の長年の筆頭株主だったルシオ・タン氏が2012年4月にサンミゲルコーポレーションに49%の株を譲渡、ルシオ・タン氏の持ち株は51%になりました。

先日の「フィリピンの超富豪ってどんな人?」でお伝えしたルシオ・タン氏とフィリピン航空の関係は以下のようでした。


第2位はルシオ・タン氏。フォーチュン煙草やビールで財を成した人物です。フィリピンのラム酒タンドゥアイ(Tanduay)も彼の持ち物です。

タンドゥアイのカレンダーやコマーシャルの女優大好きなんですね。2014のタンドゥアイのメイン・カレンダー・ガールはハート・エバンゲリスタ(Heart Evangelista)嬢です。

しかし何と言っても彼の持ち物で一番有名なのはフィリピン航空です。

フィリピン政府の持っていた株を取得して100パーセントの株主になりました。1度の倒産を経て、現在に到っていますが、現在も筆頭株主であり51パーセントの株を保有しています。

49パーセントはサンミゲルが所有しています。近くサンミゲルが全株取得することになっていると報じられていますが、未だに所有率はそのままです。サンミゲルといってもビール会社のほうではなくて食品のコングロマリットのほうです。もっとも現在は食品に限らずインフラ整備などいろいろな事業をしています。

つい先日もマニラ湾に浮かぶマニラ新空港構想を政府に提示して話題になりました。

ところがです、一昨日、ルシオ・タン氏とサンミゲルコーポレーションのラモン・アン社長との間で株の買い戻しに合意したとの情報が出されました。ルシオ・タン氏がサンミゲル社から10億ドル(1060億円)で49%の株を買い戻したそうです。金銭の授受も昨日終了したそうです。2012年の時の49%の株の売却額が5億ドル、しかもそこには経営権が付帯していたそうです。今回倍の金額で合意したのは昨年までの赤字経営から一転して今年第2四半期は1.49億ペソの黒字に転換したからだと思いますが、この辺の裏の部分ではいろんなことがあるのでしょうね。ルシオ・タン氏、経営権は譲っても51%の株を持ち続けたこと、またフィリピン航空の株を買い戻したこと、やはり並々ならぬフィリピン航空に対する思いがあるのでしょうね。これからフィリピン航空どこに飛んで行くのか、楽しみがまた増えました。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.08.06 Wednesday 08:39

エコノミー席・快適な航空会社トップ10 Top 10 Airlines for economy seat

エコノミー席で一番快適な航空会社のトップ10が発表されましたのでご紹介いたします。この評価はビジネス・インサイダー・オーストラリア誌が行ったものです。機内体験と離発着の正確さの2つのファクターで評価がなされました。データは機内体験はスカイトラックスから、離発着の正確さはフライトスタッツ・ドット・コムからの引用です。The list of the best airline economy offerings has been complied by Business Insider Australia. It is ranked on the 2 factors, experience on the board and timely departure and arrival. Data is from Skytrax and Flightstats.com.

10 タイ国際航空。フレンドリーなスタッフと美味しい食事が評価されました。機内体験のポイントは78、離発着の正確さは82ポイントです。Thai Airways. Friendly staffs and good food are evaluated. Experience on the board point is 78, On time performance point is 82.

9 オマーン航空。この小さな飛行機会社の座席は超快適と評判です。機内体験82、正確さ76です。Oman Air. The seats of this small airline are super-comfortable. Experience 82, On time performance 76.

8 ルフトハンザ航空。プロフェッショナルでフレンドリーなクルーと美味しい食事が売り物です。機内体験80、正確さ80です。Lufthansa. Professional and friendly crew and tasty food. Experience 80, On time performance 80.

7 大韓航空。ソウルベースの大韓航空を有名にしたのは機体のきれいさです。機内体験78、正確さ84です。Korean Airlines. Very clean planes make this Seoul based carrier popular. Experience 78, On time performance 84.

6 エミレーツ航空。この有名な航空会社は何と言っても機内のエンターテインメント・システムが充実していることです。機内体験82、正確さ79です。Emirates. This famous airline out of Dubai has one of the best entertainment systems. Experience 82, On time performance 79.

5 マレーシア航空。一貫性のある優れた機内サービスが評判です。機内体験83、正確さ77です。Malaysia Airlines. Consistent great service on board is evaluated. Experience 83, On time performance 77.

4 アシアナ航空。サービスと快適さの効率が売りです。機内体験85、正確さ78です。Asiana Airlines. Top marks for efficiency of service and comfort. Experience 85, On time performance 78.

3 カタール航空。離発着の正確さには欠けますが、機内のエンターテインメント・サービスは定評があります。自分のスマホやタブレットの画面を自分の座席のスクリーンに映し出すことも可能です。機内体験90、正確さ71です。Quatar Airways. On time performance is very poor but in-flight entertainment system is great. Smartphone and tablet connectivity to their personal screen is great. Experience 90, On time performance 71.

2 全日空(ANA)。清潔さと安全性は群を抜いています。またプライバシーに配慮した座席も非常に評価が高いです。機内体験85、正確さ83です。All Nippon Airways (ANA). Cleanliness and safety are stand-out. Experience 85, On time performance 83.

1 シンガポール航空。昨年に続き2年連続で1位に輝きました。機内のエンターテインメントとキャビンの清潔さには素晴らしいものがあります。機内体験90、正確さ83です。Singapore Airlines. In-flight entertainment and cabin cleanliness are so good. Experience 90, On time performance 83.

やはりシンガポール航空が1位でした。しかしながら全日空が2位になったのはうれしいですね。特に長年の全日空ファンとしては本当にうれしいです。来年は全日空が1位になるのを楽しみにしていましょう。I am looking forward to All Nippon Airways as No. 1 Airline in the world.

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.07.30 Wednesday 07:38

世界で最も安全な航空会社TOP10 The World's 10 Safest Airlines


このところ飛行機事故が世界で多発しています。行方不明になったマレーシア航空、撃墜されたマレーシア航空、マリで墜落したアルジェリア航空、台湾で墜落したトランスアジア航空など枚挙に暇がありません。そこで世界で最も安全な10の飛行機会社をご案内いたします。There are a lot of accident of air planes this year. the following are the most safest airlines in the world. 

10 Quantas Airlines カンタス航空 
シドニーベースのオーストラリア国営航空会社のカンタス航空です。カンタス航空のQUANTASはほとんど知られていませんが、以下の頭文字をとったものです。(QUA is for Queensland, N for Northern, T for Territory, A for Aerial, S for Services)


9 Air Canada カナダ航空
航空会社の評判は時間通りの運行と安全性です。そのどちらもすぐれています。Reputation of airlines is from punctuality and safty.


8 Etihad Airlines エティハド航空
2003年創業のアブダビベースのアラブ首長国連邦の航空会社です。超エリートサービスで有名です。最初にファーストクラスにプライベート・キャビンを設置したのもこの航空会社です。This airlines is famous for its ultra-elite service.


7 TAP Portugal タップ ポルトガル航空
TAPはTransportes Aereos Portuguesesの略です。ポルトガルのナショナル・キャリアーです。TAP is national career of Portugal.


6 British Airways 英国航空
ロンドンのヒースロー空港でダブルデッキを持つエアバスA380を空港従業員が歓迎しているところです。A new double-decked Airbus A380 at Heathrow Airport in London.


5 Eva Air エバー航空
台湾の飛行機会社がベスト5に入りました。ハローキティの機体も伊達ではありません。The Taiwanese airline stands among the top 5 airlines in the world.


4 Emirates エミレーツ航空
もはや有名になったドバイベースのアラブ首長国連邦の航空会社です。本当に世界でもすぐれた航空会社です。This airline is evidently one of the top 5 airlines in the world.


3 Finnair フィンランド航空
ヘルシンキの誇りです。世界のトップ3の安全な航空会社に選出されました。キャビン・アテンダントがフィンランドの伝統的な儀式である安全祈願のダンスを披露しています。Flight attendants kick off their famed safty dance.


2 Cathay Pacific キャセイ・パシフィック航空
この香港ベースの航空会社は定期時間運行でしられています。This airline is regularly ranked among the world's best airlines.


1 Air New Zealand ニュージーランド航空
世界で一番安全な航空会社に選ばれたのはニュージーランド航空です。残念ながら日本勢はトップ10に入りませんでした。日本の航空会社も頑張ってほしいものです。フィリピンの航空会社も段々とグレードアップしてきたみたいですが、まだまだ先はながそうです。The No. 1 safety airline is Air New Zealand.

なおこのランク付けはハンブルグにあるジェット旅客機クラッシュデータ評価センター(JACDEC)のデータに基づいています。This ranking comes courtesy of Humburg based Jet Airliner Crash Data Evaluation Center.

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
この写真は撃墜されたマレーシア航空のものです。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
Article comes courtesy of Yahoo News.
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.07.28 Monday 07:57

何とフィリピン製の飛行機が誕生! First Philippine-made Planes out

まさしく快挙です!先日のフィリピン製スーパーカーに続いて今度は飛行機です。社長のデニス・チャン(Dennis Chan)氏は「この飛行機は完全にフィリピン人の手によってカビーテで作られました」と語っています。The aircraft was built "completely by Filipinos" in Cavite.

今は日本もジェット機を製造するのが流行りになってきています。つい先日もホンダジェットの量産機が初飛行を成功させましたね。HondaJet is the first general aviation aircraft developed by The Honda Aircraft Company.

ホンダの技術はすごいものがあります。ジェットエンジンもホンダ製ですからね。ホンダジェット売れてくれるとうれしいですね。Jet engine of HondaJet is also made in Honda.

もう一つの日本国産ジェットは三菱重工が製造しているMRJ(Mitsubishi Regional Jet)です。

成田からならベトナムのハノイくらいまで飛ぶことが出来るそうです。従来の小型機よりも2割ほど燃費性能が向上しているのだそうです。Fuel cost is 20% off comparing to other small aircraft.

残念ながらフィリピン製の飛行機はジェット機ではなく、小型の単発機です。セスナと同じような軽飛行機です。これはセスナのFA150kです。This is Cessna FA150k, small piston-powered aircraft.

もっともセスナ社はジェット機も製造していますけどね。セスナ・サイテーション680です。Cessna also produces business jets. This is Cessna Citation 680.

さて肝心のフィリピン製の飛行機ですが、この会社が製造しました。名前はFamous Secret Precision Machining Inc.(有名秘密精密機器加工株式会社といったところでしょうか)。なかなか面白い名前の会社ですね。飛行機の精密機器を世界中の飛行機会社(ボーイングやエアバス)に供給している会社だそうです。This firm supplies precision machine compornents to international aircraft manufacturers such as Boeing and Airbus.

この飛行機はすでに2機製造されたそうです。They produced 2 planes.

1機はすでにフロリダで飛行しているそうです。One has already been flying in Florida.

もう1機はバタンガスのお客さんに販売したそうです。The other one has been sold to a customer in Batangas.

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.