2019.01.01 Tuesday 00:32

なんとNAIA3のANAラウンジが大変身! New ANA Lounge in NAIA3 is Amazing

JUGEMテーマ:海外生活

 

読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

11月に旧ラウンジから新しいラウンジに移動したANAラウンジ。素晴らしく良くなっていました。今度は2階の突き当りです。ちょっとエレベーターからは遠いですが、本当にいいですよ。

 

まずはレセプションです。

 

入ってすぐのスペースです。

 

窓側のスペース

 

この先もあります

 

この奥にもまた別の部屋があります。かなり広いスペースですね。

 

食事類もかなり充実しています。

 

こんな感じの食事になりました。中華点心からサンドイッチ、アドボ入のパンもありました。

 

全てが今までのラウンジとは一味違う味付けです。美味しいです。牛丼も作れます。

 

もちろんコンジー(中華風おかゆ)もあります。この味付けも一味アップしています。

 

もちろん、飲み物も充実しています。コーヒーも本格的なものが飲めます。

 

アイスクリームも完備。

 

かなり満足のいくラウンジですよ。本当に1ランク上になりました。

ご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 


2018.12.30 Sunday 12:57

フィリピン航空・セブパシフィック航空が機材拡張の中で新しいルートを模索 PAL, Cebu Pacific planning new routes amid fleet expansion

JUGEMテーマ:海外生活

 

フィリピン航空とセブパシフィック航空が競って新機材購入に拍車をかけています。

 

 

フィリピン航空は今年年末までに15機目の新機材を受け取ると話しています。また2019年には4機の新機材を受け取ることになっているそうです。

 

今年14機の新機材を受領したフィリピン航空、15番目の機材はハンブルグ行きで12月31日もしくは1月1日に初飛行となる予定です。この機材はエアバスA321Neoだそうです。

 

 

今年受領した機材はこの最後の1機を含めて新しいエアバスA321Neoが6機、エアバスA350が4機、ボンバルディアの時期世代機Q400が5機となります。

 

 

2019年は2機のA350と2機のQ400を受け取る予定です。2019年から24年にかけて15機のA321Neoを受け取る予定です。

 

 

2019年か2020年には長距離の新規ルートを開設する予定です。まだ最終決定ではありませんが、ヨーロッパ線を見据えています。

 

一方セブパシフィック航空は2019年に5機のエアバスA320Neoと32機のエアバスA321Neoを受け取る予定になっています。

 

 

国内線と国際線の充実を図ることはもとより、北アジアに注目しています。そして日本路線は大きな柱になるでしょう。

 

 

マニラだけでなく、セブやクラークがハブとして重要になってきます。

 

両社とも新しい購入機材は古い機材と交代することになるでしょう。フィリピン航空の古いA340やセブパシフィック航空の古いA320が交代することになるでしょう。

 

 

しかしフィリピンの航空会社2社はもの凄い勢いで発展していますね。これからが楽しみです。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 


2018.09.26 Wednesday 00:04

フィリピン航空、セブパシフィック航空、相次いで値上げ PAL, Cebu Pacific raise fares as fuel cost rises

JUGEMテーマ:海外生活

 

フィリピン航空とセブパシフィック航空は燃料費高騰のため、9月19日より国内線及び国際線にサーチャージを課すことを決定しました。

 

 

これはジェット燃料が高騰したことにより、民間航空局(CAB)がサーチャージを課すことを認めた為です。

 

この原因はジェット燃料の高騰だけでなく、ここのところのペソ安もからんでいます。

 

 

ざっと見ても確かに原油は上がってきていますね。

 

国際航空運送協会(IATA)によれば、「9月14日現在のジェット燃料原油価格は、前年同月比28.49%上昇し、前月に比べ2.96%上昇して90.83ドルに達した」ということです。

ペソ・ドルのレートもこのようになっています。

 

 

最近はドルに対してペソ安の傾向がずっと続いていますね。

 

セブ・パシフィック(Cebu Pacific)は、「上半期の当期純利益が24%減少して3兆309億ペソとなった。これは主にジェット燃料価格の上昇とフィリピンペソの弱体化によるものであった」と話しています。

 

 

PALの上場親会社であるPAL Holdings、Inc.は、「燃料費の増加により上半期に高い支出を計上し、飛行事業が21.7%の増加して410億1200万ペソを記録しました」」と話しています。

 

 

PALのスポークスマンのシエロ・C. ヴィラルナ(Cielo C. Villaluna)氏は、「このサーチャージは燃油費の上昇が航空会社の運航に与える影響を緩和するのに役立つだろう」と述べています。

 

 

国内線レベル3のサーチャージ・マトリクスではセブからバコロド、セブからタグビラランまでの短距離では74ペソが加算され、国際線の場合、レベル3の追加料金は、マニラからドバイ、マニラからオーストラリア・メルボルンでは1,425ペソが追加されます。

 

ちなみにエアーアジア(Air Asia)は9月21日に申請をCABに行ったが、まだ現時点では認可が下りていないそうです。

 

今の所上げ幅は少ないですが、原油がますます上がり、ペソがますます下落するとかなりきついことになりそうですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po! 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

 


2018.09.03 Monday 05:47

マニラの新空港はどこに? Where will be New Manila Airport?

JUGEMテーマ:海外生活

 

相変わらずのフィリピンです。現在のニノイアキノ国際空港もその限界を通り越してどうにもならない所まで来ています。到着が1時間遅れるのは当たり前、着陸や離陸待ちの時間の長いこと。

 

 

しかも無駄に4つのターミナルが作られ、乗り換え移動もままならない状態で推移しています。

 

 

新空港建設が叫ばれてからもう20年も経っていると言うのに、未だに遅々として進まない空港建設。

 

20年前はやはり新空港はクラークに作るというのが一般的な評価でした。現実に国際空港が稼働しているのと、広大な土地もある。

しかしながらやはりクラークからマニラまでのアクセスの問題はクリアできずに現在に至っています。

 

 

現ドゥテルテ政権も一応クラークの拡張を試みています。

 

しかし昨年あたりから急にもう2つの案が急浮上してきています。そして現政権もその2つの空港案に関しては認めています。

 

一つはカビーテのサングレイ国際空港プロジェクト(Sangley Point International Airport project)。サングレイにある元米軍が使用していた Danilo Atienza Air Base(ダニーロ・アティエンサ・エアーベース)の周囲1500ヘクタールを埋め立てて作る計画。

当初は2500ヘクタールと言っていたのだが、現在は1500ヘクタールということみたいです。

 

 

この計画にはSMグループを率いるHenry Sy(ヘンリーシー)会長などが参画しています。5000億ペソのプロジェクトです。

 

 

もう一つはサンミゲル(San Miguel Group)社が主体のブラカン(Bulacan)に作る空港計画。2500ヘクタールの土地に6本の滑走路やターミナルを作る計画です。7360億ペソのプロジェクトです。

 

 

サンミゲル社はこのブラカンのプロジェクトで100万人の雇用を創出するとしています。この雇用によって海外に出稼ぎに行くフィリピン人を減らすことができると言っています。

 

サンミゲル社の社長ラモン・アン(Ramon Ang)氏ですが、個人でマニラ・ダイヤモンドホテルを所有しています。皆さんも一度は泊まったことがあるかもしれませんね。

 

 

どちらの計画も年間1億人以上の乗降客をカバーします。

 

どちらの空港になるのか判りませんが、空港が新しくなったら人心も全て入れ替えて欲しいですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!   

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.08.25 Saturday 00:07

エアアジア、10月末よりマニラ・カガヤンデオロ線など4路線拡充 Air Asia will fly 4 more routes from Cagayan De Oro in the end of Oct.

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

女性のキャビンアテンダントのピッタリとしたユニフォームが有名なエアーアジア(Air Asia)、とてもセクシーなCAが多いと言われています。

 

 

そのエアーアジアがカガヤンデオロ(Cagayan De Oro)線、10月末から新規に4ルート就航します。

 

 

機材はエアバスA320、エコノミー180席での運行となります。

 

 

マニラ・カガヤンデオロ線はダブルデイリー、セブ線がデイリー、クラーク線が週4便、イロイロ線が週3便で運行します。

 

 

マニラ⇔カガヤン・デ・オロ (2018年10月28日〜)
Z2691 MNL08:00 CGY09:30 毎日
Z2697 MNL16:50 CGY18:20 毎日
Z2692 CGY14:15 MNL15:45 毎日
Z2698 CGY22:40 MNL00:10(+1) 毎日

カガヤン・デ・オロ⇔セブ (2018年10月28日〜)
Z2511 CGY18:55 CEB19:50 毎日
Z2512 CEB21:10 CGY22:00 毎日

カガヤン・デ・オロ⇔クラーク (2018年10月28日〜)
Z2511 CGY10:00 CRK11:40 月・水・金・日
Z2512 CRK12:05 CGY13:45 月・水・金・日

カガヤン・デ・オロ⇔イロイロ (2018年10月30日〜)
Z2511 CGY10:30 ILO11:30 火・木・土
Z2512 CRK12:00 CGY13:00 火・木・土

 

 

カガヤンデオロに行かれる方には朗報ですね。しかもエアーアジアは他航空会社よりも多少値段も安いと思われますので、どんどん他路線も飛んでもらえると嬉しいですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

アジアトラベルノートから引用させて頂いてます


2018.08.17 Friday 00:09

フィリピン航空 新たに15機材購入へ PAL purchases 15 new crafts

JUGEMテーマ:海外生活

 

今年フィリピン航空の社長ハイメ・バウチスタ(Jaime Bautista)氏は

 

記者会見で今年新規に15機を購入することを発表していました。

 

 

内訳はAirbus(エアバス)A350-900を4機、

 

 

Airbus (エアバス)A321-neoを6機、

 

 

Bombardier (ボンバルディア)Q400を5機です。

 

 

Airbus A350-900はマニラから北極圏を経由してニューヨークに飛ばします。

 

 

ニューヨーク便は259シートになる模様です。ノーマルな配置で325席、マックス440席ですから

 

かなり豪華な仕様になりそうですね。今月8月に納入予定です。

 

 

Airbus A321-neoは6月から納入されています。

 

 

マニラーブリスベンやニューデリー、ムンバイ、札幌便などに使用されます。

 

Bombardier Q400は国内線に使用予定。

 

 

次の納入予定は9月そして12月に納入完了の予定です。

 

一度は倒産したフィリピン航空ですが、かなりの勢いで盛り返してきましたね。

 

 

まあ、アジアで一番古い航空会社ですから、意地でもがんばってもらわないとね!

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!                        

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.07.25 Wednesday 13:07

NAIAターミナル3に電子入国ゲートを設置

JUGEMテーマ:海外生活

 

現在マニラ国際空港第3ターミナルで電子入国ゲートが試験運用されています。フィリピンのイミグレーションはとにかく待つ人の列が長く、時間がかかるのが玉に傷。やっと重い腰を上げて少しは渋滞緩和に向けて舵を切ったようだ。とはいえフィリピン人の帰国時のみで出国時は昔のままです。

 

 

この装置はマニラをはじめ、クラーク、ダバオ、カリボ、セブなどに設置されていくそうです。まあ少し庶民に寄り添う形での施策が必要ですね。日本の帰国時の顔認証も早く出られるので助かります。

 

 

 

ところで日本の空港でも全身スキャン型の保安検査機が出現しましたね。アメリカなんかで使われている全身スキャンとは違うのかもしれませんが、先週成田空港の第2ターミナルから出国した時に、今までのゲートをくぐる保安検査機ではなく全身スキャンの検査機に遭遇しました。ゲートをくぐってから所定の位置で手を上げて一周します。すると危険と思われる部位が黄色で表されます。すると検査員が重点的にその部分をチェックします。手荷物に関しても今まで以上に厳しく、かなり小分けして再検査されました。これもオリンピックなどを見据えて厳しくしているのかもしれません。検査場のお姉さんにオリンピックのために導入したの?と聞いたら、それもありますね。という答えでした。

 

それもあるというのは他に何があるんでしょう? ちょっと気になる・・・

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄

 

の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると

 

非常にありがたいです。ブログを書き続ける原動力になります。

 

よろしくお願いいたします。

 

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2016.03.28 Monday 18:07

セブパシフィック航空 新しい制服

JUGEMテーマ:海外生活
皆さん、お久しぶりです。約2年ぶりに投稿いたします。かつて2年数ヶ月毎日ブログを書き続けられたのは皆さんに愛読していただいたおかげです。久しぶりにちょっと書いてみようかと思い立ちました。続けていくかどうかはわかりませんが、時々は投稿しようかと考えています。またよろしくお願いいたします。

3月27日にセブパシフィックに搭乗しました。何と制服が変わっていました。しかし、しかしちょっとセンス悪と思ってしまいました。


前の制服のほうが断然いいじゃない!と思うのは私だけでしょうか。フィリピンの有名ファッションブランドBENCHの作った制服です。ちなみに横にいるのは私なんですが私のはベンチじゃないですよ。シャイタイプなのでちら見せです(爆)

この制服、開業20周年を記念して変えたとのこと。プロモーションの制服の写真もあまりいい感じじゃないんですが・・・

キャビンアテンダントのお姉さんの制服姿の近接撮影がないのはちょっと寄って撮ろうという気になるアテンダントのお姉さんが居なかったので・・・

皆さんはどう思われますか?

この制服、フィリピン人の有名デザイナー・ジュン・エスカリオ(JUN ESCARIO)氏のデザインです。でもこのブルーのスカートはちょっといけてない気がするんですが。

わかった!要するに制服を着ている人が悪かったんだ!ということにしておきましょう。


とりあえずセブパシフィック航空さん20周年おめでとうございます。いまや押しも押されぬ航空会社になりましたね。これからも頑張ってくださいね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!


 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2015.02.16 Monday 03:53

飛行機の中にこんな物を持ち込もうとする奴がいるんだ! Crazy Things People have tried to carry on planes

これは実際にアメリカで摘発されたものですが、このフィリピンではかなりいろいろなものが持ち込まれているような気がします。

これから世界はテロに備えてますます厳しい体制を引いていくことになるでしょうね。

そんなもろもろの持ち込まれたものを見てみましょう。

まずは鍵とかに見せかけたナイフです。こんなものだと見過ごされちゃう可能性大ですね。

これはなんなんですかね。口紅のようなものに見せかけているものでしょうか。

これって聖書の中に弾薬を隠しているんですね。

タンクを攻撃する兵器ですよ!

生きたうなぎです。これもだめでしょう。

蛇は絶対にだめです。大嫌いです。

ぬいぐるみの中にいろんなものを隠すのは常套手段ですね。

こういったブーツの名に仕込みナイフがあるんですね。座頭一は乗れないですね。

ベルトのバックルに隠されたナイフ。

携帯にみせかけた万能ナイフみたいなものですね。

プラスチック爆弾のC4、これなんかで自爆テロをされたら飛行機はすぐ落ちますね。

これなんなんですかね?危険物はわかるけど、なんだかわかりません。

テレビや映画で見た武器もありますよ。

バットマンが使っているブーメランのような手裏剣。

ゲーム・オブ・スローンで使っていたモーニングスター。

ハンガーゲームで使っていた弓と剣。こんな武器もだめですが、

マリファナもいけませんよ! 危険物、禁制品などは持ち込まないようにしましょうね。ちなみにフィリピンでは傘は機内持ち込みはだめですので、あらかじめ預け入れ荷物の中にいれましょう。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2015.01.13 Tuesday 05:55

第3ターミナル国際線のラウンジ Lounge in NAIA3

セブ・パシフィック航空が大阪からマニラに飛ぶようになってから日本に帰るのには第3ターミナルをほとんど使用しています。第1や第2は混雑しているのと、相変わらずのゆすり・たかりが多いのでほとんどセブ・パシフィック航空を利用することが多い。日本なら、カードラウンジ等があるのでゆっくりできますが、フィリピンではなかなかないのが一つのネックでした。

全日空も自前のラウンジはなく(ほとんど乗ったことはありませんが)一般のレストランをラウンジとして使っているので、ちょっとゆっくりという感じではないですね。

もっともラウンジはなくても、ゲートの椅子に座ってポケットWIFIを使用してインターネット接続をしているので、あまり時間は気になりませんが、でもWIFIが使えるラウンジがあるといいですよね。

そんな貴方に朗報があります。遂にプライオリティ・パスのラウンジが第3ターミナルにできたんですね。もちろん、プライオリティ・パスをお持ちでないとだめなんですけど、結構持っていらっしゃる方も多いと思います。そんな方は是非、次回はラウンジを使ってみてください。

名前はパシフィック・クラブ(Pacific Club)です。この看板を追って行けば到着します。

場所はイミグレーションを抜けて、持ち物検査が終了したところの前の細い路地を入ります。ちょうどデューティー・フリーの右側になります。国内線との仕切りのすぐそばです。

ここを抜けるとちょうどゲート114のところに出るのですが、その右側にエレベーターがあります。そのエレベーターに乗って4階にいってください。パシフィック・クラブの看板がずっと出ているのでわかると思います。

4階で降りたら左にいき、またすぐ左に突き当りまでいけば到着です。

中はこんな感じでゆったりとしています。かなり広いですね。

飲物もウイスキー・ビール・ワイン等だいたいのものはあります。

食べ物もちょこちょこといろいろありますよ。

もちろんWIFIも完備です。フルーツも置いてありますよ。

特におすすめはここのルーガオ(おかゆ)です。

フィリピンはどこに行っても大体このルーガオは当りはずれがないんですが、ここのはなかなか美味しかったです。

プライオリティ・パスをお持ちでない方はネットで検索して頂ければすぐ出てきます。意外と簡単に取れると思いますので、興味のある方は検索して見てください。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.