2014.06.30 Monday 06:36

マニラの交通事故と道路における危険 Traffic Accident in Manila

フィリピンでの危険はたくさんありますが、そのうちの1つに交通事故があります。初めてフィリピンに来る日本人の方には、とにかく車には気をつけてくださいといつも注意をしています。

フィリピンは日本や欧米諸国と違って歩行者優先の社会ではありません。車優先の国ですから、歩行者がいても止まってくれることはありません。ですから車に気をつけないと大変なことになります。

そんなフィリピン・マニラの交通事故のいくつかをご紹介しましょう。

6月1日にケソンシティで大型の輸送トラックから大量の炭酸飲料のビンが倒壊、ビンの破片がその近辺に散乱しました。そんなところに居合わせたら大怪我をしてしまいます。なんと言っても荷物が多少ぐらついていてもあまり気にもしないせいか、こういった事故はかなり起きていますので気をつけてくださいね。

6月3日のマカティ市のグアダルーペで交通整理員の男性がバイクに引っ掛けられて転倒。バイクにも気をつけてくださいね。

6月9日のケソン市コモンウエルス通りでバスがバスに衝突。16人が怪我をしました。この国のバスは速度をすごく出しますし、運転も荒いので本当に気をつけてください。

6月10日にケソン市アラネタ通りの川に車が転落、きっと不注意で落ちたんだと思いますが、巻き込まれた人が居なくて良かったです。

6月11日にケソン大通りでバイク同士が衝突、双方のライダーが負傷して病院に運び込まれました。

6月12日にタギッグ市で乗用車がバンに衝突、運転手はただちに病院に運び込まれましたが、死亡が確認されました。

6月13日にケソンアベニューの歩道橋の基礎部分にバンがクラッシュ、バンに乗車していた2名は死亡、運転手が負傷しました。

6月21日にタクシーと衝突したバイクの運転手、すぐさま病院に運び込まれました。

6月22日にエドサ通りの側道で酔っ払った挙句の泥酔です。「飲んだら乗るな」の標語ならず「飲んだら寝るな」です。この交通量の多い通りで下手をすれば轢かれてしまいます。お酒飲みの皆さん気をつけてくださいね。

まあ、いろいろな交通事故をご紹介しましたが、いくら気をつけても自分ではどうしようもないことが多いです。自分で多少できることは自分の安全は多少お金がかかろうといとわない事です。それに常に細心の注意を払うことですね。


これは交通事故ではありませんが、たとえばタクシーに乗っているときはスマホなどをいじくっていて周囲に注意を払わないのはいけません。誰かが急にドアを開けて荷物やスマホを強奪されることもあります。また車から降りるときも周囲を良く見ていないとこれも車を降りた途端に引ったくりの餌食になります。

これはフィリピンに限らず外国にきたら念には念を入れて周囲に気を配りましょう。MMDA(メトロマニラ開発公社)の調べでは毎年マニラの交通事故死亡者は平均で400名くらいとのことです。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

from article of ABS-CBN News Channel
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.06.07 Saturday 12:57

セブパシフィックで空を駆ける吉牛

吉野家牛丼早食いコンテストで盛り上がっている吉牛ですが、グランドファイナルが6月14日にニュー・グロリエッタ・アクティブ・センターで開催されます。

早くも週間チャンピオンが顔見世してコンテストを盛り上げています。

1位の賞金が15万ペソで、その上セブパシフィック航空の日本往復の無料チケットが付いてくるそうです。

さてそのセブパシフィック航空ですが、機内で提供している機内食に何と吉野家の牛丼が登場です。

350ペソで販売されています。名前はビーフ・ミソノです。

このように機内食のホットミール用の容器に入ってきます。丼ではきませんのであしからず。

紅しょうがが付いてこないのがちょっと不満ですね。

もう少しつゆだくでもいいような気がしますが・・・

でも味はまさしく吉野家の牛丼です。

セブパシフィック航空に乗った時は、フライト・アテンダントに吉野家の牛丼を注文してみてくださいね。

もっとも早食いコンテストで優勝した人はこのフライトに乗っても注文しないでしょうね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.06.03 Tuesday 12:54

ジプニー再考(最高?)

庶民の足、ジプニー(Jeepney)についてちょっと考えて見ましょう。相変わらずジプニーの撒き散らす排気ガスで街中の空気は汚いですね。でも庶民にとっては無くてはならない足です。そう一朝一夕に無くすことは不可能です。

もともとはこのジプニー、第2次大戦後の米軍の払い下げのジープを改造して作ったのが始まりです。

そもそもはこういったジープを改良して客がたくさん乗れるように改造したんですね。

しかし何故こんな彩色豊かな乗り物に変化してしまったのでしょうか。こういったきらびやかな装飾や、絵の具で絵を描いたり、エアーフラシを使ったりとちょっとしたアートの世界、自己表現の世界に入っていったんですね。

この何処でも乗れて、何処でも降りられる最高に便利なジプニーも大気汚染の問題でかなり悪者扱いになっています。しかも初乗り最初の4キロまでは8ペソと格安です。最も最近ジプニーの値上げが認められたのでどうも8.5ペソに値上げになるようです。しかしこの50センタボスの値上げが庶民には痛いですね。ドライバーもお釣りが面倒くさいんじゃないかな。

ところが最近電動ジプニーが登場したんですね。いままで全面的に撤廃などと言われていたジプニーですが、この電動ジプニーならば大気汚染とはおさらばです。

なかなかかっこもいいですね。ちょっと近代的な趣ですが、これもそのうちに彩色されて派手派手になっていくのでしょうかね。

ジプニーに良いところはこの狭い空間で席を譲り合って乗ることにより、周りの人たちとのコミュニケーションが出来てくるということです。知らない人でもまじかに目が合えばお互いに微笑みで挨拶をかわすといった素敵な空間でもあるのです。

そしてトライシクル(Tricycle)も電動に変わり始めています。

このトライシクルはかなりの速度で電動に変わりつつあります。こういった新旧のトライシクルが並んで走るのが見られるようになってきました。

このフィリピンから大気汚染がすぐには無くなるとは思えませんが、徐々に無くなっていくものと確信しています。ただしジプニーの乗客同士の素敵なコミュニケーションは無くなって欲しくないですね。乗車賃やお釣りを手渡しで人づてに渡していくという素敵な文化は失いたくないものです。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.05.02 Friday 11:56

フィリピン人であるための8つの乗り物 (続き)

昨日の続きです。なかなか面白いものも登場しますよ。

今日は第4位からですが、ローロー(RORO)です。おじいちゃんという意味のロロ(LOLO)ではありません。

これはRoll-on roll-off shipの略で、船に直接バスやらトラックが出入りできる船。まあ要するにフェリーですね。なぜここにこのローローが出てくるかというと、マニラのあるルソン島からミンダナオ島のダバオまでバスで行けるからです。

フィルトランコ(Philtranco)というバス会社が運行しています。約48時間かかるそうです。中には4日ほどかけて行くのもあるらしいですが。フィリピンのあちこちを見て廻るにはいいかもしれません。ルソン島の南端にあるマトゥノグ(Matnog)からサマール島(Samar)のアレン(Allen)までがローローを使います。

サマール島からレイテ島(Leyte)はローローは使いません。なぜなら橋がかかっているからですね。

そしてレイテ島のリロアン(Liloan)からミンダナオ島のスリガオ(Surigao)までローローに乗ります。

スリガオに渡ればあとはダバオまで陸路で行くことができます。かくして48時間の旅は終わりです。

3位はハバルハバルです。このハバルハバルは木の板で通常の座席を大幅に増やした乗り物です。

縦に伸びているものもありますが、

横にも伸びているんですね。

最高13人が乗ったと言う話が伝わっています。

2位はこのレイルロード・カリトンです。列車を乗り逃がしても大丈夫。あとからこのカリトンがやってきます。これは本当にすぐれものですね。カリトンとは台車のことです。列車の走る線路を有効活用です。

1位はカラバオ(水牛)です。このカラバオにも人が乗ります。

田舎に行くとよく人が乗っています。昔セブかボホールで乗ったことがありました。ちょっとしたロデオ気分でしたが。

このカラバオ、荷物を運んだり、人を乗せたり、台車を引っ張ったりと大活躍です。

もちろん、畑も耕します。また食用としても活用されています。

ちなみにこのカラバオの肉はカラビーフ(Carabeef)と呼ばれています。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けると非常にうれしいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.05.01 Thursday 10:12

フィリピン人と呼ばれるには経験しないといけない8つの乗り物

「8つのタイプのフィリピンの乗り物:貴方が本当のフィリピン人であると言うのなら、経験しなくてはならない8つの乗り物」と題した記事を見つけました。面白いので転載いたします。

まずは何と言ってもフィリピンなんですからジプニーですよね。このジープニー車体はフィリピン産ですが、あとの部品は基本的に日本からの中古品。いろいろなメーカーの部品をつなげて一台の車を作ってしまうこの素晴らしい技術は何ともいいようもないです。まあこれもフィリピン風ハロハロの一種なんでしょうね。

このジプニー無くしてはフィリピンは語れません。ジープニーの製造メーカーで有名なのはサラオ・モータース。ラスピーニャス市にあります。そしてこのジプニーに載せるエンジンは何と言ってもISUZUのディーゼルが一番なんです。ISUZUのエンジンを積んだジプニーは車体のエンジン部分にこれ見よがしに「ISUZU」とデカデカと書いてあります。ジプニー搭載のエンジンとしては最高のものなんです。

このジープニー、場所によってデザインが全然違います。上の写真のジプニーはイロイロ市のものです。

ジプニーは基本的にどこでも乗れて、どこでも降りられます。しかしこのジプニーがどこを通っているかがわからないと、とんでもない所に連れて行かれてしまします。それを見分けるのはフロントガラスの下の黄色い部分。ここにサン・アンドレスからパドレ・ファウラといったように行き先、経由地が書かれています。皆、これを一瞬で見分けて乗るのです。

車体の横にも黄色い線のところにバクラランからキアポを経由してダピタンまでなどと書かれています。また運賃も後ろの人は運転手さんには遠くて直接払えないので、隣の乗客に手渡しで運転手まで渡してもらいます。もちろん、お釣りは乗客が手渡しでまた戻してくれます。現在、運賃は最初の4キロまで8ペソです。

次はトライシクルです。まあこれも街中でいろいろと見かけるのでもちろん知っていますよね。オートバイに席が付いているやつです。これはジプニーが通らない道路はこのトライシクルが走っています。

次がペディキャブです。自転車に席が付いているものです。このペディキャブにはこんなトリビアがあるそうです。かつてアロヨ大統領の時代にシネマニラ・インターナショナル・フェスティバルの授賞式がマラカニアン宮殿で催されました。交通渋滞で授賞式に遅れそうになったあの有名なクエンティン・タランティーノ監督がフェスティバルのディレクターと一緒に急遽このペディキャブに乗り換えて、何とか時間に間に合ったそうです。
しかもこのペディキャブ環境に優しい乗り物なんです。少々遅くたって、誰が気にしますか。


カレッサです。イントラムロスに行くと観光用のカレッサをあちこちで見かけます。このカレッサ、ぼったくりで有名です。値段交渉で100と言われ、乗ったところ100ペソではなく、100ドル請求されたとか、まことしやかに語られたものです。実際、かなり高いことを言われます。また結婚式やちょっとしたイベントなどでは、真っ白に彩色された馬車を演出に使ったりします。
このカレッサ、チャイナタウンでは日常的に乗っています。買い物に行ったり、その辺までちょっと出かけるときにこのカレッサは今でも使われています。ですからチャイナタウンのオンピン・ストリートに行くとこの馬車をたくさん見かけます。

ちょっと長くなりましたのでこの続きは明日にしたいと思います。また明日もこの続き読んでいただけるとうれしいです。どんな乗り物が明日は出てくるでしょうか?ちょっと面白いですよ。

いつもご愛読いただきましてありがとうございます。下の写真をクリックして頂けると非常にうれしいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

この記事は8LISTさんからの転載です。

 
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.01.23 Thursday 15:45

マニラの渋滞がまた一段と加速しそうな気配?!

今年2014年、トヨタ・フィリピンがインドネシアで製造されている低価格小型車を投入することになっています。ダイハツからのOEM調達で、インドネシアでの名前はアイラ(AYLA)。
トヨタ・フィリピンはアギア(AGYA)と言う名前で売り出すようです。アギアとはサンスクリット語で「速い」と言う意味だそうです。
このアギアは排気量は1000ccのガソリンエンジンで5ドアのハッチバックです。この車はダイハツの小型車開発技術の賜物で、インドネシアでは65万円からとかなり低価格で販売されています。この低価格・低燃費のアギアを年間数千台インドネシアから輸入する見込みです。
ダイハツ・インドネシアではトヨタへのOEM供給分を含めて月産1万台くらいを生産しています。トランスミッションは5段変速のマニュアルと4段変速のオートマチックです。
現在、トヨタ・フィリピンでは小型車はヴィオス(Vios)を販売していますが、1.3リッターと1.5リッターのエンジンを搭載しているので、今回のアギアは1リッターカーですので、より低価格の品揃えが充実します。
これが数千台、2千台か3千台かわからないですが、2千台としても1年で2万4千台、3千台なら3万6千台。3分の2がマニラで売れれば、こりゃえらいこっちゃです。何と言っても低価格・低燃費ですから、ガソリンの高いフィリピンではそれなりに売れちゃうでしょうね。
それでなくとも渋滞の日々が続いているのに、これ以上どんどん車が増えちゃったらどうなってしまうんでしょう。この車が輸入ではなくて、フィリピンでの生産ということならば、安定した雇用が見込めるので多少の我慢もするのですが。

ため息・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.