2019.01.07 Monday 00:03

2018年に最も話題になったベスト10フード(2) 10 most talked about food finds in 2018 (2)

JUGEMテーマ:海外生活

 

6 イスラス・ピーナス(Islas Pinas)はパサイ市のダブルドラゴンプラザ(Double Dragon Plaza)のグランドフロアーに2500平米の敷地を用します。この敷地にフィリピン各地の郷土料理とワールドクラスの料理を融合した料理をシェフ・マルガリータ・フローレス(Chef Margarita Fores)が演出します。

 

このスペースは700名が食事ができる空間になっています。

 

フィリピン各地の郷土の風景を模しています。

 

タホ(taho)もあるみたいです、かなりローカル食も入っているんですね。

 

かなりフィリピンの雰囲気が濃いですね。どんどんいろんな施設ができますね。

 

7 ショートホーン・パレス(Shorthorn Pares)

このケソンシティにある小さなレストランで供されるビーフブラロのコンボは高血圧コンボと呼ばれています。

 

いつも大人気でたくさcんの人が並んでいます。このコンボには煮込んだ牛肉、牛髄、澄んだスープ、自家製のチリソースがセットになっています。

 

食べてみたいですね。美味しそうです。場所はエドサ通りの北端プロジェクト8にあります。

 

8 ファット・フーク・タイワニーズ・キッチン(Fat Fook Taiwanese Kitchen)

 

 

ファット・フークって「太ったバカ」って意味なんでしょうかね?なかなか凄い名前をつけるものです。このレストラン、ラーメン凪のグループが経営しているようです。シェフは台湾生まれ、フィリピン育ちだそうですよ。

 

確かにこんな感じの揚げ物をたくさん食べたらファット・フークになっちゃいそう。現在はSMノースエドサ、SMメガモールとグロリエッタに開店しています。

 

9 ホーカーチャン(Hawker Chan) ミシュランの一つ星を獲得したシンガポールの屋台レストラン

 

 

モール・オブ・アジアに開店したこのレストラン。何も言うことはないですね。安くて美味い!最高ですね。

 

10 ファイアー(Fyre)直火にこだわったレストラン

 

このルーフトップにあるレストランは P. Burgos and Guerrero Streetの角にあります。

 

こだわりのチーズバーガーです。確かに美味そうですね。

 

ますます巨大化するレストランチェーンに対し、こじんまりと営業するレストラン、どちらもいいですが個人的にはこじんまりと味を守るレストランを応援したいですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村  

 


2019.01.06 Sunday 10:00

2018年に最も話題になったベスト10フード(1) 10 most talked about food finds in 2018 (1)

JUGEMテーマ:海外生活

 

2018年に話題になった食をご紹介してみましょう。皆さんご存知でしょうか?

 

1 ダバオからやって来たマクシーマンゴ(Maxi Mango)癖になるマンゴフロートです。

 

 

このマンゴフロートは65ペソからで、アイスクリーム、マンゴビッツ、クリーム、砕いたグラハムクラッカーで成り立っています。

もっと簡単なものは49ペソ。アイスクリームの上にマンゴのチップが乗っています。


現在の店舗はロビンソンガレリア、グロリエッタ、モール・オブ・アジアにありますが、ケソンシティに今年の初旬に4店舗ほどをオープンの予定です。

 

2 セブからやって来たのは高級食べ放題の海鮮レストラン、イスラ・スグブ・シーフード・シティ(Isla Sugbu Seafood City)です。ベニスグランドキャナルモール(Venice Grand Canal Mall)に開店したイスラ・スグブ・シーフードシティ(Isla Sugbu Seafood City)は原則、ダンパ(Dampa)と同じスタイル(ダンパは市場が中心になり、そこから魚介類や野菜、肉などを選んで、レストランで調理をしてもらう)です。

 

 

ダンパは市場で個々購入しますが、このレストランは一定額を払うので食べ放題になっています。

 

 

 

3 オルティガス(Ortigas)のポディウム・モール(Podium Mall)の2階に開店したのがコーナーマーケット・フードホール(Corner Market Food Hall)です。

 

1200平米の大きさで450名のキャパシティがあります。17の仕入れ業者さんがそれぞれのフードを展開しています。現代的なデザインと明るい雰囲気、そして厳選されたグルメのオプションを備えたコーナーマーケットは、高級なショッピングモールにたくさんの食べ物を集めました。チャーシュー(Charsiew)のピンチョスみたいなものを売っていますね。

 

4 やはりダンパのコンセプトでパサイ市にオープンしたのがこのシースケープ・ビレッジ(Seascape Villege)です。

 

 

パサイ市のシースケープビレッジに隣接するベイマーケットは、高級な「ダンパ」としての地位を確固たるものにしています。

 

 

新鮮で生き生きとした魚介類のための独自の清潔で組織化されたウェットマーケット、適切にデザインされたレストランが並ぶモールのような環境、そしてマーケットとレストランに供給する独自のアイスプラントさえあります。 

ソフィテルフィリピンプラザマニラ(Sofitel Philippine Plaza Manila) とマニラ映画センター(the Manila Film Center)の間に位置するシースケープビレッジは、実際には用途が異なる開発で、ベイマーケットはプロジェクトの第一段階に過ぎません。

 

 

ベイマーケットは13のレストランを内包しています。 Mr. A’s Bar, Asian Taste Restaurant, Blue Post Boiling Crabs and Shrimps, Darwin’s Café Hong Kong Special, Fish Music Bar, GoGo Kitchen, Golden China, Golden Fortune, Lhong-E, Lola Ina’s Seafood Paluto Restaurant, Mazu Seaside Diner, Wow Cow Fresh Beef Hot Pot, そしてYatai Asian Cuisineです。

 

すぐにライフスタイルやウェルネスショップのための小売スペース、ベイウォークエリアの人工ビーチ、そしてホテルを持つようになるでしょう。商業用不動産全体は2020年までに完成するでしょう。 

 

5 ルイージ・ムーラック・シェフ(Luigi Muhlach Chef)による最新レストラン、ルム(Lumu)グリーンベルト3の3階にあり、古くからのピノイのビアホールへの栄光とおいしさへの調整を目指しています。

 

ルム(Lumu)はLuve UとMiss Uから取ったそうです。

 

タロイモとカモーテ(さつまいも)の薄切りを揚げたものにマヨネーズとアドボチップスを散りばめたもの。

 

シシグ(Sisig)なんかもありますよ。

 

(2)に続きます。何か大きなプロジェクトが動いていますね。これからが楽しみですが、どんどん値段は高くなる一方ですね。貧乏な爺には厳しいマニラになりつつあります(悲)

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.12.22 Saturday 00:03

こんなものもありますよ、フィリピンのお土産いろいろ Various souvenirs in the Philippines

JUGEMテーマ:海外生活

 

フィリピンに来て困ることの一つはあまりお勧めのお土産が無いということですね。思いつくのはドライマンゴくらいでしょうか。

やはり旅行に来れば、帰りにはお土産の一つも持って帰らなくてはならないなんてことも多々あると思います。

 

 

そんな時に私が何を持って帰っているかをお教えしようと思います。まずはこのピーナッツのお菓子から。ピーナッツ・ブリットル、ピーナッツに甘いタレを絡めて固めたもの。うちの母親もこれは美味しいと言って食べてます。

 

 

これらは上と同じようなものですが、ちょっと安っぽいかも。

 

 

これはとても軽いビスケットのようなもの。ふわふわで美味しいですよ。バギオ名物ですね。左のタルトランドがいつも買うものです。柔らかいので保存状態が悪いと粉々になってしまうので、注意してください。右は食べたことないです。

 

 

ワイルド・ハニー、まあ蜂蜜なんですが、一応野生の蜂蜜として売っているもの。

 

 

ちなみにこれはディビソリアの路上で売っているワイルド・ハニーです。、瓶の蓋はコカコーラ。蜂の巣と一緒に売っているのでたぶん本物。これもお薦めかな。

 

 

最近はこのゴーヤ(Goya)ヘイゼルナッツとチョコレートで作ったディップです。これは美味しいです。メイドインジャーマニーと書いてあります。でもゴーヤはフィリピンのチョコレートメーカーですね。どうなっているんでしょう?味はヌテラ(NUTELLA)と同じようなものですね。

 

 

あとはピリナッツ。ピーナッツではありません。コレステロールは全く無い木の実です。甘くしたものと、塩味のものとあります。ピリナッツは本当に美味しいです。大好きですね。

 

 

左党にはイカのピリ辛揚げなんかはいかがでしょう?左方のものです。

 

 

料理好きの方にはフィリピン料理の素なんかもいいですね。アドボとかシニガンなんかはいいと思います。

 

 

最近はこんなマンゴの瓶詰めやパックが出てきました。ピックルドマンゴですからマンゴのピクルスですね。まだ試したことはありません。誰か試した人がいたら、どんなものか教えてください。

 

 

あと最後にお勧めのビスケット。とにかく安いです。味も日本のものと比べて引けを取らないような気がします。パッケージにはジャパニーズ・クリエーションと書いてありますよ。白いのが白チーズです。もちろんフィリピンのお菓子屋さんの製品です。

 

 

黒いのが黒胡麻です。

 

ではお土産をたくさん買い込んで、またフィリピンを満喫してください。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!     

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.12.20 Thursday 00:07

マニラで美味しいマルタバを見つけました The best Martabak in Manila can be found in Mandaluyong

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

マルタバ(Martabak)ってご存知ですか?インドネシアとかによく行かれる方はご存知と思います。インドネシアのストリートフードとして有名なんです。中東から東南アジアにかけていろいろな国でも食べられています。

 

 

このマルタバ、甘い物と甘くない物と2種類あります。甘いものはチョコレート味やチーズ味があります。

 

 

甘くないものは卵、玉ねぎ、ネギ、各種の挽肉や肉が入ります。

 

 

このマルタバをちょっとお洒落にして提供しているお店がレザット(Lezzat)です。

 

 

インドネシア語で美味しいを意味するレザット(Lezzat)で、その美味しいマルタバが食べられます。本格的なマルタバです。

 

 

お店は15席から20席程度の小さなお店ですが、感じの良いインテリアです。

 

 

場所はエドサ(Edsa)とショーブールバード(Show Blvd)の角、グリーンフィールド(Greenfield)地区のユナイテッド通り(United st.)沿いにあります。

 

 

このマルタバ(Martabak)をたくさん食べて、マタバ(Mataba)にならないように気をつけてくださいね。

 

 

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po! 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.12.15 Saturday 01:19

フィリピンでクリスマスに贈るエクセレントなスイーツ11選その2 11 treats that make for sweet Christmas presents 2

JUGEMテーマ:海外生活

 

こちらは皆さんもたぶんご存知と思いますが、「くもり(Kumori)」の抹茶焼き菓子。日本のお菓子屋さんなんでしょうね。

 

 

エルミタのロビンソンにも出店しているので、たまに見ますが結構高いんですよね。今度清水の舞台から飛び降りるつもりで一つ、一つだけ買ってみましょうかね。フワリチーズカップ、ちょっと惹かれます。

 

 

けっこうあちこちに出店しているんですね。ちょっとビックリ。

 

 

アウロチョコレート(Auro Chocolate)のローステッド・ホワイトチョコレート・スプレッド(Roasted White Chocolate Spread)が一番人気。ダバオの厳選されたカカオのみを使用。カシューナッツも入っているようで、ゴーヤ(Goya)のようなスプレッドなんでしょうね。ちょっと美味しそうです。

 

 

エルミタ・ロビンソンのゴウルズ(Gould's)にもあると書いてありますが、このお店は雑貨屋さんみたいなんですが、本当にあるんでしょうか?とりあえず販売しているお店の一覧です。77%カカオ含有のダークチョコレートです。

 

 

ラスティックモーニングス(Rustic Mornings)のブレックファスト・バスケット(Breakfast Baskets)です。パンケーキミックスを中心としてシロップやジャムなどがセットになっています。

 

 

場所はマリキーナ(#11 Isabelo Mendoza St. San Roque, Marikina)です。お問い合わせは(02) 425 8610

 

 

熱いコーヒーと言う名のカペングマイニット(Kapeng Mainit)のコーンブレッド・ビビンカローフ(Cornbread Bibingka Loaf)とカペングサラバット(Kapeng Salabat)です。とうもろこしと米粉を使ったビビンカと生姜コーヒーです。

 

 

ここのサラバットコーヒーはジンジャーとバラコ・コーヒーを使っているところがミソ。場所はパラニャケ市(Block 3, Lot 6 Tropical Ave, BF Homes International, Parañaque, 1740 Metro Manila)電話は 0917 824 4375です。

 

 

ドゥー・カフェ&パティスリー(D'doux Cafe & Patisserie)のウベ・デ・レチェ・チーズケーキ(Ube de Leche Cheesecake

 

 

場所はパシッグ市(Second Floor, Robinsons Metro East, Marcos Highway, Dela Paz, Pasig City)連絡先は0917-506-1782です。

 

 

ハローグッドバイツ(Hello Goodbites)のダーク・マカデミア・チョコレートチップ・クッキーズ(Dark Macademia Chocolate Chip Cookies)です。

 

 

そんなに甘くないがテイスティなクッキーに仕上がっています。連絡先はこちらです。お値段もそこそこしますけどね。

 

 

ちょっと食べてみたいと思うスイーツが結構ありますね。マニラもどんどん変わっていっているのが実感です。今年のクリスマスは一人ぼっちスイートでも食べながら過ごしましょうかね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!      

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

2018.12.14 Friday 04:44

フィリピンでクリスマスに贈るエクセレントなスイーツ11選その1 11 treats that make for sweet Christmas presents 1

JUGEMテーマ:海外生活

 

クリスマスがいよいよ近くなってきましたね。親しい女性のお友達や恋人、奥様に贈るスイートもやはりエクセレントなものを選びたいものです。そんな貴方にマニラで手に入る素敵なスイーツをご紹介します。

 

 

トゥルーチョコレートPH(True Chocolate PH)のチョコレートは手作りチョコレート。トリーナ・テクソン(Treena Tecson)女史によるハンドメイドチョコレートです。注文はこの電話番号+639178251224もしくはEmail:truechocolateph@ gmail.comで。

支払い後、マカティのピックアップ場所まで取りにいかなくてはなりません。

 

 

まあ、かなり面倒ですが、きっとその価値はあると思います。いかがでしょう?

 

 

ボールドベーカー(Bald Baker)のチョコチップバナナローフ(Choko Chip Banana Loaf)

 

 

シー・イナレス(Cy Ynares)氏が作るこのバナナローフは甘さ控えめです。またクッキーも定評がありますよ。お問い合わせはこのFacebookページから

 

 

フラワーポットラムケーキ(Flour Pot Rum Cakes)のラムバターケーキ(Rum Butter Cake)です。

 

 

1500ペソの苺のショートケーキもお勧めの一品。お問い合わせはFacebook ページに

 

 

ミルクフェイスベイクス(Milkface Bakes)のバースデイケーキもしくはクリスマスケーキ

 

 

テレース・ラフォテーザ(Therese Laforteza)女史の作るケーキ。そしてクッキー。お問い合わせはFacebookページへ

 

 

パストリーアモーレ(Pastry Amore)のソルティドカラメル・チョコレートレイヤー・ケーキ(Solted Caramel Chocolate Layer Cake)やモイストチョコレート・リカーケーキ(Moist Chocolate Liquor Cake)、こんな大人の味のケーキはいかがでしょう?

 

 

また各種のエンセマーダも定評があります。お問い合わせはFacebookページへ

 

 

いずれのお店も店舗のないお店ですね。時代はどんどん変わっていっているんですね。私もクリスマスのために何か注文してみましょうかね。もちろん一人で食べるんです。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!   

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.11.20 Tuesday 00:33

マグノリアから新しい味のアイスクリームが出た! Premium ice cream from Magnolia

JUGEMテーマ:海外生活

 

マグノリアから3種の新しい味のアイスクリームが発売されました。

 

 

アイスクリーム好きを自認する私にとっては久々のニュースです。

 

3種の味の1はケソンプーティ(Kesong Puti)白いチーズという意味です。

 

 

この地元産のチーズは、ピノイ(Pinoy)のお気に入りです。モッツァレラを思わせる滑らかでマイルドな味と質感は、様々な料理にぴったりで、高級レストランでさえも需要が増しています。 このチーズの味を素にしたのがこのアイスクリームです。

 

 

その2はアボカド(Abocado)。

 

 

人工の味が含まれていないので、一部の国では「バターフルーツ」や「チーズフルーツ」として知られているアボカドの素朴でクリーミーな味を楽しめます。

 

 

その3はパスティーリャス(Pastillas)、カラバオや牛の乳から作られたお菓子です。

 

 

もともとはブラカン(Bulacan)のサン・ミゲル(San Miguel)で作られたのが始まりです。こういったお菓子を見たことがあると思います。

 

 

こんなのもありますよ。

 

 

この味をベースに作られたアイスクリームです。

 

 

マグノリアのアイスクリームはすべてカラバオ(水牛)の乳から作られているそうです。

 

 

やはり気になるのはアボカド味のアイスクリームですね。一切人工フレーバーを使っていないと言うので、気になります。

ここのところダイエットで、好きなアイスクリームも食べないで過ごしていた私ですが、これはいってしまいそう。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.10.13 Saturday 05:57

メチャ美味いライ麦パン見つけました I found a delicious whole rye loaf in Boulangerie22

JUGEMテーマ:海外生活

 

エルミタのロビンソンに新しくできたパン屋さん。新しいといってももうかれこれ数ヶ月経ちます。でもパン屋さんと呼ぶにはちょっとオシャレ過ぎるのでやはりブーランジェリー(Boulangerie)と呼びましょう。フランス語でパン屋さんの意味です。

 

 

お店の名前もブーランジェリー22(Boulangerie22)です。

 

 

場所は1階奥のラーメン凪の近くの中央に位置しています。ブレッドトークも近くにあります。

 

 

基本的に白いパンは食べないようにしていて、いつもはブレッドトーク(Bread Talk)の全粒粉パン(Whole Wheat Bread)を食べていました。これもなかなか美味しいのです。

 

 

しかしながら今回はこのライ麦全粒粉パンを見つけて食べたところ非常に美味しかったので、それ以来このホールライローフ(Whole Rye Loaf)を常食しています。

 

 

値段は129ペソと少々お高いですが、その価値は十分にあります。ブレッドトークの全粒粉パンからは30ペソほど高いですが、やはり旨いものには多少高くても目が行ってしまいます。

 

 

他にも美味そうなパンが並んでいますが、まだ試したことはありません。このモッツレラ・ハニー・ガーリックバター・ローフもちょっと気になっています。

 

 

他にもいろいろとありますが、やはりこのライ麦パンが一番です。

 

 

ではちょっとトーストにしていただきます。

 

 

こういった美味しいパンがマニラで食べられるようになったのは本当にうれしいことですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!   

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.10.04 Thursday 10:17

フィリピン産の鰻を食べに行きました。 Eel (Unagi) made in Philippines

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

フィリピン産の養殖鰻はマカティのうな吉(Unakichi)さんが有名ですが、マビニ通りの宝屋さんにフィリピン産の養殖鰻を食べに行ってきました。

 

 

驚いたのは10月1日から値段や営業時間が変わったこと。鰻や牛肉などの目玉メニューは変わらないものの、

 

いいよ!と書いたプロモ半額ラーメン(Promo Half Price Ramen)が値上げになったことはとても残念です。

 

値上げ前の値段

 

値上げ後の値段

 

ちょっと値上げ幅が大きいですね。半額でもなくなりました。プロモの時間も変わりました。それ以外の時間帯は

 

 

BUY 1, TAKE 1(一つ頼めば、もう一つは無料)のプロモになります。

 

肝心の鰻ですが、並(Nami)が1本分ですので2枚つきます。

 

 

上(Jo)が1本半ですので、3枚つきます。味は正直まあまあ。日本鰻のトロけるような食感はないですね。ちょっともそもそする感じです。でもフィリピン産にしては上出来かも。

 

 

ただ残念なことにご飯が美味しくなかったですね。ご飯が美味しければもっと鰻も美味しく感じたと思います。

 

 

営業時間は午後2時から午前8時までとなりました。なんかローカル客をメインに据えた感じですね。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!    

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


2018.09.22 Saturday 00:41

ヒルトン東京の和食「十二颯」の料理長がマニラに! Head Chef of Hilton Tokyo Jap Resto came to Manila

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

コンラッド・マニラ(Conrad Manila)のブラッセリーオン3(Brasserie on 3)でテイストオブジャパン(Taste of Japan)と題したプロモーションを9月19日から23日まで行っています。

 

 

このプロモーションにヒルトン東京の日本料理「十二颯」(じゅうにそう、Junisoh)の料理長(Head Chef)青柳源太氏が来比して腕を振るっています。

 

 

まあ、正直な話、本格的な日本料理はなかなかマニラでは食べられません。しかもシェフ青柳はバリバリのヒルトン東京の和食の料理長です。

 

 

シェフ青柳は、2015年に日本料理全国大会東京都知事賞、2016年、2017年に全国日本料理コンクール大会会長賞を受賞。2017年4月より「十二颯」料理長に就任した素晴らしい経歴の持ち主です。

 

 

ディナーのセットメニューは

 

 

シェフ青柳は「フランス料理や中国料理は風味をどんどん足していきますが、日本料理は風味を無くしていきます。そこに味の本質がでてきます」と話します。

 

 

ちょっと食べてみたくなりました。でも高くてちょっと手が出ません。ちなみに彼のディナーセットは3800ペソです。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


<<new | 1 / 10pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.