2014.05.16 Friday 16:00

外国人が語るフィリピンを旅する8つの理由

ザ・トラベリング・ダッチマン(The Traveling Dutchman)というブログサイトがあります。ダッチマンというので、かれはオランダ人なんでしょう。

フルタイム・トラベラーとも書いてあるので、1年中世界を旅しているんですね。そんな筆者は10回ほどフィリピンを訪れています。そこでフィリピンを旅する8つの理由という記事を書いています。

1番目の理由:ものすごいビーチがたくさんある。
確かにボラカイをはじめボホールやその他世界に類を見ないようなビーチがたくさんあります。


2番目の理由:フィリピン人は世界でも最も陽気な民族の一つです。
「問題は単に問題でしかない」と人々は言います。そういった思考回路がフィリピン人には浸透しているんです。不便だったり不合理な事柄に遭遇しても「オーケー」とか「大丈夫」言って笑い飛ばしてしまいます。しかも年間の所得は平均で50万円ほどであってもです。


3番目の理由:英語がしゃべれる
特に英語民族にとっては楽でしょうね。大多数の日本人にとっては英語がフィリピンで通じてもあまり意味はないかもしれまえんけどね。


4番目の理由:素晴らしい自然がいっぱい
このボホールのチョコレートヒルズもそうですが、フィリピンの国内には素晴らしい自然がたくさん残っています。


5番目の理由:スキューバダイビング天国
フィリピンには世界で1つしかない世界遺産の珊瑚環礁があります。ツバタハリーフです。このツバタハリーフをはじめ、セブの周辺には世界的なダイビングスポットがたくさんあります。マニラの近郊でも素晴らしいアニラオやプエルトガレラといったダイビングスポットがあります。


6番目の理由:ちょっとした冒険やアクティビティが豊富
フィリピンの各所にはちょっとしたアクティビティが豊富にあります。


もちろん世界的に有名になったカマリネススールのウエイクボード施設もあります。

7番目の理由:許容できる交通網
最近はロー・コスト・キャリアの交通網がフィリピンの国内外に張り巡らされているので、安価に移動できるようになりました。


8番目の理由:天から与えられた素晴らしい気候
年間平均気温が27度から28度というかなり温暖な気候。乾季と雨季が1年の半分ずつを占めますが、雨季といっても1日中雨が降るわけではなく、太陽だって顔を出します。

西洋人も東南アジア旅行というと、どうしてもタイ、ベトナム、カンボジアといった国々を思い浮かべるようです。筆者はなんでフィリピンが世界でトップ10の旅行地にならないのか疑問を呈しています。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.