2014.10.05 Sunday 07:42

無人飛行機が火山の爆発現場を撮影 Drone captures eruption of volcano

御嶽山の噴火で火山爆発の脅威を再認識した我々ですが、世界中で火山は爆発しています。フィリピンでもマヨン・ボルケーノが噴火の危険があるということで危険レベルを2から3に引き上げました(レベル5が最大)。

日本でも御嶽山の噴火に伴い富士山が噴火するのではないかなどと話も出ているくらいでやはり火山国に住んでいることを改めて認識したほうがいいのだと思います。

そんな中、アイスランドのバーダーブンガ火山が噴火その模様を無人飛行機が撮影しました。

だんだんと無人飛行機が火山に近づいていきます。

かなりの上空からの撮影ですが、無人飛行機とは言え大変なことですね。ましてや御嶽山での自衛隊員や救助隊員などの皆様方の命を賭しての活躍ぶりには頭が下がります。

溶岩が吹き出て川のようになっています。

だんだんと噴火の状態がひどくなっていきます。

大分暗くなってきました。


かなり違ってきましたね。

火口のあたりのアップです。


どんどんマグマの活動が激しくなります。

だんだんと激しさが増していくのがわかります。

これ以上日本でも災害が起こらなければよいのですが。御嶽山で不幸にも命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.06.19 Thursday 06:53

この木なんの木気になる木 フィリピンにもあったんだ!

日立グループのコマーシャルソングである「この木なんの木」の歌がはからずも口から出てきてしまうような木がフィリピンにもありました。

バレーテ(Balete)ツリー(Tree)と呼ばれています。この木はフィリピンでは昆虫の住処というだけでなくディワタ(Diwata)・妖精やドゥエンデ(Dwende)・小人の棲家として伝えられています。
ケソン市ニューマニラのバレーテドライブの都市伝説では、このバレーテツリーのある道路を夜一人で運転していると、どこからともなく現れた白いドレスを着た女性が車を止めるそうです。


このバレーテツリーはシキホール島にあります。この人口のプールの水がどこから来ているのか島の人たちは知りません。木の根っこから泉がわきだしてそれがプールに流れ込んでいるようです。またこのプールにはドクターフィッシュもいるので足浴をすると足の角質を魚が食べてくれます。

シキホールはセブ島のすぐ近くにある島で別名「魔女の島」と呼ばれています。この島に関しては「魔女と黒魔術の島 シキホール」をご覧ください。このシキホールにはネグロス島のドゥマゲテから船で行きます。カンパラーナス(Campalanas)と言うところにこの木はあります。

このアジア最大のバレーテツリーは「ミレニアムツリー」と呼ばれています。この樹齢600年になるこの木は60名の大人が手を繋いで取り囲むことができます。この土地の所有者がこの木も含めて全部切り倒そうとしたとき、家族の一員が病気になったと言われています。ブルドーザーの運転手も気を効かせてこの木だけを残したそうです。人が登っているのが見えると思いますが、まるで小人のようではありませんか。

マニラの北東アウロラ州のバレール(Baler)町からトライシクルで30分、マリア・アウロラ(Maria Aurora)にあります。

この「ワンダーツリー」と呼ばれるこのバレーテツリーはフィリピンで記録された一番古い木です。樹齢1328歳と言われています。この木は数千の蛍の棲家となっていて、その輝きは妖精が集まるのにふさわしい雰囲気を醸し出しています。

この木のあるカンラオン(Canlaon)にはネグロス島ドゥマゲテ市からバスで4時間かかります。そこから木のあるオイスカファーム(OISCA Farm)までトライシクルで25分ほどかかります。

こんな妖精たちが棲む不思議な木を見にあなたも出かけてみませんか。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.