2014.07.09 Wednesday 07:32

フィリピン人が慕っている友人を呼ぶ8つの言い方 8 Endearing Ways

フィリピン人は物や人にニックネームをつけるのが大好きなんです。たとえば頭文字を使って呼んだり(Mary JaneをMJと呼ぶ)、長い名前は短く変えてしまったり(Joannaが皆Joと呼ばれるように)、もしくは2度続けて言ったり(Jun-JunとかBoy-Boyとか)します。

ポイントはとにかくニックネームが好きなんです。

まずはパレ(Pare)からです。通常男性もしくはレスビアンが他の男性、もしくはレスビアンの男役に対して使う言葉です。レスビアンが使うからといって変な言葉ではなく、こういう風に言われたら悪い気はしない言葉です。

次はブラッド(Brad)。兄弟(Brother)を短くした言葉です。通常”O”の文字は”A”の発音をします。当初は男子学生同士が使っていましたが、現在はパレと同じように男性全般で使われます。レスビアンも使うのかな?あまり使わないような気がしますが、今度レスビアン見つけたら聞いてみましょう。

次はカパティッド(Kapatid)です。最後のドは発音しないでカパティで止める感じで発音しますね。映画やドラマの人々に幅広く使われていて、特に近しさや信頼性を強調して使います。そしてお互いを物笑いの種とすることが許される仲です。

これはKapatidの略で「か(Ka)」の後に名前を続けます。Ka-Henryとかですね。これはコミュニストの団体が使うやり方です。またイグレシア・ニ・クリストのメンバーも使います。

マレ(Mare)はパレとかカパティッドと同じような使われ方をします。基本的に呼ばれるのは女性です。

これはシスター(Sister)の略です。基本的に女性とゲイに対して使います。ブラッド(Brad)の対極です。

フレンドは一般的ですが、これは主にクリス・アキノ(Kris Aquino)が使用しています。これはこの著者のちょっとした
ユーモアです。クリス・アキノ(現大統領の妹でタレント)が常々この言葉で相手に呼びかけるからです。


これがたぶんこの著者が一番言いたかったこと。俗に「プスッ」という音なんですが、こういうのは何て言うんでしょうね。摩擦音とか言うのでしょうかね。ちょっと良くわからないです。「これは言葉ではなくて音です。これはフィリピン人だけに許されていることです。」と著者は結んでいます。

あなたはフィリピン人の友達をどのように呼びますか?一度これらの言葉を使ってみたらいかがでしょうか?

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.