2018.11.01 Thursday 00:06

人の気分を悪くさせる食べ物博物館(スウェーデン)にバロットとドリアンが Balut, durian included in Disgusting Food Museum in Sweden

JUGEMテーマ:海外生活

 

スウェーデンのメルモという場所に新しくオープンした博物館は「人の気分を悪くさせる食べ物」を世界中から集めて展示している博物館です。

 

 

クリエーターのサミュエル・ウェスト(Samuel West)氏は、「嫌な食べ物博物館の趣旨は、これらの料理を非難するのではなく、嫌悪感が主観的であることを示し、食べ物とは何かという考え方に挑戦することでした」と述べています。

 

 

「一人の人が美味しいと感じるものが、他の人に不快な感情をもたせることもあります」

 

 

バロットを例に取れば、大部分のフィリピン人はこのグロテスクな卵を容認します。

 

 

しかしこの虫食いチーズを見れば、こんなものに近づきたくないと思うでしょうが、これを美味しいという人もいるんです。

 

 

中国では美味しいと言われる雄牛の陰茎。

 

 

中国のピータンも入っています。

 

 

もちろん日本の納豆も入っています。

 

 

そしてドリアンも入っています。

 

 

個人的にはドリアン大好き人間です。ドリアン食べたいです。

 

この他いろいろな食物がありましたが、気分が悪くなるので割愛します。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!    

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 


<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.