2014.05.04 Sunday 09:28

18.4億円のブティック・リゾート 誰か買いません?後編

さて昨日の続きです。

このリゾート乗馬場があるんです。

その他ヨガなどもできる施設もあるんですよ。

ここには馬の調教場と13の馬小屋があります。

牡蠣の殻で作られた人工の洞窟もあります。

自慢の庭には横たわったヒンドゥー教のビシュヌ神の石像が置かれています。重さは3トンだそうです。

野外のダイニングエリアです。ここにはキッチンとカクテルラウンジも併設されています。

リゾートのギフトショップです。ここまでくると本格的なお店です。

まだまだリゾートは増築中で、大きな鳥のケージや農園も作るそうです。もちろんゲストハウスも増築中です。

18.4億円のこのブティックリゾート、備品や調度品は値段に含まれていないそうです。確かにボホールは素敵な落ち着いた島ですし、観光資源もたくさんあります。

近くには有名なダイブスポットもたくさんありますし、鯨も見ることができます。でもやはりちょっと高いような気がします。でもこんな物件をポンと買ってしまう人もいるんでしょうね。 あーあ(ため息)

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.05.03 Saturday 10:17

18.4億円のブティック・リゾート ボホール島 前編

ボホールの海を見下ろすパングラオ島の高台に建つブティック・ホテル・リゾート。このパングラオ島にはたくさんの高級リゾートが点在しています。ボホール島と橋で繋がっているパングラオ島、この島の白砂のビーチはボラカイ島の白砂と比べても全くひけをとりません。

もっともこのブティック・リゾートは高台に建っているので砂浜はありません。見晴らしは最高にいいですね。全部で7.5ヘクタールの広さがあります。これで18.4億円で売り出しています。

フランス人のインテリアデザイナーであるニコラス・ムーサンペス氏とそのフィリピン人妻パトリシアが最初にこの土地を購入したのが2007年。それから毎年いろいろと建て増しをしながら、2012年にやっと本館がオープンしました。

建物はシンプルに作られていて、木を多用し屋根もかやで葺いてあります。ひとつの大きな建物で作られたリゾートではありません。いろいろな建物が組み合わさってこの建築が完成しているのです。

メインの居間と食堂です。両サイドは吹き抜けになっています。このほかビデオシアターやビリヤード、ジムなどもあります。

図書室です。ここにはグランドピアノが置かれ、2000冊以上の本が並んでいます。

デザイナーとしてのキャリアを積み上げながら集めた収集品はアジアとヨーロッパの折衷です。フランス人でありながら40年にわたって香港に住んでいた結果なのでしょう。

4つのベッドルーム・パビリオンがあり、5番目のベッドルーム・パビリオンは中国館と呼ばれています。これはメインベッドルームです。

メインの浴室は床に浴槽が作られています。そこからは海が一望できます。

こちらの敷地には3つのギャラリーがあります。1番目はアジアの美術品を集めたもの。2番目は現代美術を集めたもの。この写真は現代美術のギャラリーです。そして3番目は17世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの油絵コレクションがあるギャラリーです。

ここまでが前編です。明日は後編になります。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.04.25 Friday 13:40

ボラカイ島 5億円の邸宅 続き

昨日は横道にそれてしまって肝心の邸宅をご紹介できなかったので、今日は詳細をご紹介いたします。

かなり奇抜なデザインですね。ロニー・カストロ氏(宝飾デザイナー、ミュージシャン、アーティスト)、フィリピン人です。そして台湾出身のアーティストである奥様ジェニファー・ルー・カストロ氏の両名によって建築されました。

この邸宅は延べ9年の歳月をかけて建てられました。

かなり斬新なデザインですね。

当然ながら眺めも素晴らしいですね。この邸宅はそもそも4つのビルディングで構成されています。キッチン付きの3ベッドルームのゲストハウス。4ベッドルームを備えたニューウイング。ダイニングのためだけの建物。メインビルディングはこのテラスがある建物、4ベッドルームでそれぞれにバスがついています。

インテリアも素敵ですね。

こんな感じの非日常のような空間に住んでいるとどうなんでしょうね。

正直あまり住みたいとは思わないんですが、どうでしょう?

ちょっとおかしくなりそう・・・

景色だけよければ、フィリピンのニッパハウスのほうがいいかも。

皆さんはこれらの写真をご覧になってどのようにかんじられましたでしょうか。
きっとこんな崖の上に建っている邸宅なんでしょうね。


いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けると非常にうれしいです。ひとつクリックよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
 
なお、今回の記事はウオール・ストリート・ジャーナルからの抜粋です。

JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.04.24 Thursday 12:49

ボラカイ島のスピリッチュアル・デザインの邸宅 5億円

ボラカイ島の高台に立つスピリッチュアル・デザインの邸宅をご紹介いたしましょう。

ボラカイ島は言わずと知れたフィリピンの有名リゾート地。長さ4キロに及ぶ真っ白な砂浜はこのブログでも何度も取り上げていますが、ちょっとまたご紹介いたしましょう。

この高台にすごい豪邸建ち売り出されています。売り出し価格480万ドル(約5億円)です。

このボラカイ島にはかなり良いゴルフ場もあります。やはり高台にあるコースなんですが、18ホール、パー72のコースです。

Fairways and Bluewater Boracay Island Country Club and Resort(フェアウエイズ&ブルーウオーター・ボラカイ・アイランド・カントリー・クラブ&リゾートというゴルフ場です。

ゴルフ好きの方にはもってこいですね。

また砂浜を散策するのも楽しみですね。かなり外人さんが来ているので大胆な水着など着用しています。

まあ一寸見では何処の国の人かわからないケースもあります。

もちろんフィリピーナも負けてはいませんよ。

フィリピーナもなかなかやりますね。

もちろんビーチではこういった白砂で作ったモニュメントがたくさんあちこちに飾られているのでこれも見ごたえがあります。

ちょっと脱線してしまって肝心の邸宅をご紹介できなかったので、明日詳しくご紹介いたします。すいません。


いつもご愛読ありがとうございます。皆様方のお陰で順位もかなり高くなってきました。これもひとえに皆様方の貴重なクリックのお陰です。今後とも下の写真クリックよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

なお、今回の記事はウオール・ストリート・ジャーナルからの抜粋です。
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.01.15 Wednesday 11:40

不動産投資見通し マニラが4位に躍進

 不動産動向調査で有名なアーバンランド・インスティチュートとプライスウオーターハウス・クーパースが発表した「不動産の新しい動向・アジア太平洋2014」によれば、昨年12位だったフィリピンが4位に急浮上しました。以下は都市投資の見通し順位です。
1位 東京
2位 上海
3位 ジャカルタ
4位 マニラ
5位 シドニー
6位 広州
7位 シンガポール
8位 北京
9位 大阪
今回の調査で話題になったのは日本の復活です(万歳)。それとともにフィリピンとインドネシアのクローズアップです。アジア太平洋地域で1位から9位まで占められています。以下は都市開発の見通し順位となっています。
1位 ジャカルタ
2位 東京
3位 深圳
4位 上海
5位 広州
6位 北京
7位 中国セカンダリー都市
8位 マニラ
9位 シンガポール
こういった動向を見ていると、やはりアジアの病人と言われたフィリピンがやっと世界の中で認められてきたということに万感の思いが湧き上がってきます。
この調子でフィリピンが発展していってくれることを祈ります。

下の写真クリックょろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2013.11.15 Friday 18:04

ボニファシオ・グローバル・シティ セレンドラのマンション拝見

 昨日はボニファシオ・グローバル・シティの案内をしましたが、今日はそのグローバル・シティの中にあるセレンドラ(Serendra)と言うマンションをご案内したいと思います。
中央右側に見えるちょっと大きな箱型の建物がマーケット・マーケットと言うモールです。マーケット・マーケットの左側の低い建物群がセレンドラです。ここの中央にはレストラン街があります。その左手に伸びている路がボニファシオ・ハイストリート。ここには有名ブランドショップやレストラン、カフェなどが並んでいます。
マーケット・マーケット側から見たセレンドラです。
中心の広場です。ここにレストランとカフェなどが並んでいます。セレンドラに入る入り口もあります。
入り口を入るとロビーになっています。
外は緑の多い庭になっています。
プールもついています。
プールの横にはスポーツジムもあります。かなり大きいジムです。
なかなか雰囲気がいいですね。
私が見せてもらった部屋はあまりインテリアに凝っている部屋ではなかったですが、窓からの見晴らしはとてもよかったです。やはりお庭がきれいなんですね。
このセレンドラは高層マンションでは4なく、低い階層の住宅となっています。ここに住むと一歩外に出ればレストラン、カフェ、モールと何でもありますので、とても便利なところです。またここに住む人たちはやはり金持ちが多いので、雰囲気もダウンタウンとは全く誓って、とても素敵です。わたしもちょっと住んでみたいと思っていますが、ちょっと高めなので無理ですね(涙)

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2013.10.25 Friday 23:59

タガイタイのちょっと高級なマンション

 マニラから約1時間半で行けるリゾート地であるタガイタイ。標高が高いのでかなり涼しいので、避暑地としても有名なところです。もちろんホテルもレストランもたくさんありますが、高級なマンションもけっこうあります。
このマンションはタガイタイのタール湖が見渡せるんですね。
かないしっかりと見えるでしょう。夕刻だったのできれいには見えないのですが、晴れた日には絶景となります。
リビングルームです。日本のマンションと比べてもひけをとりません。床は床暖房になっているんですよ。
ベッドルームです。
キッチンの当たりもかなりの設備です。
日本のちょとした高級マンションと同じくらいの設備です。これはフィリピンでもなかなかないですよ。
もちろんプールやスライダーもあります。
そして外は素晴らしい景色が広がります。
もちろん、このマンションの入り口はちゃんとした国道に面しています。まあこんなマンションもフィリピンでもあるんです。ぼくも別荘として1ユニット持ちたいですね。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2012.12.10 Monday 14:31

不動産投資の最適都市 マニラ12位

 不動産の情報、研究で世界的に有名なPricewaterhouseCoopers(プライスウオーターハウスクーパーズ株式会社)とUrban Land Institute(アーバンランド研究所)がこのほど不動産投資最適都市トップ15を発表した。

アジアパシフィック地域でトップに躍り出たのはインドネシアのジャカルタ。やはり今年の非常に高いGDPの成長率と外国からの投資の大幅な上昇などが影響している。

やはり今年のGDP成長率が非常に高かったフィリピンのマニラが12位になった。2011年度は20位、2012年度は18位だったマニラだが、2013年度はかなり順位を上げた。

インドネシアのジャカルタもフィリピンのマニラも投資家にとってはどちらもある種の鬼門だった都市だ。どちらもイメージがあまり良くない。しかし今年のGDP成長率や海外からの投資額の大幅増を考えれば妥当な判断だ。

ジャカルタは2013年度の順位はトップ、2012年度から10都市を飛び越えた。まさに急成長株である。

ここで順位を見てみよう。
1位 インドネシア ジャカルタ
2位 中国 上海
3位 シンガポール
4位 オーストラリア シドニー
5位 マレーシア クアラルンプール
6位 タイ バンコク
7位 中国 北京
8位 中国 重慶 天津 瀋陽
9位 台湾 台北
10位 オーストラリア メルボルン
11位 香港
12位 フィリピン マニラ
13位 日本 東京
14位 韓国 ソウル
15位 中国 広州

東京は13位でマニラに抜かれた。大阪はちなみに22位だ。日本の劣化が顕著に見える。シンガポールも1位から滑り落ちた。

これからはマニラはもっと順位を上げてくるのは確実だ。この際マニラで不動産投資をしてみてはいかがだろうか。

私もマニラで不動産のご紹介をしておりますので、よろしければご相談ください。(ちょっと自分の広告になってしまいました)
www.universalexpress.jp をご覧ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へクリックして頂けるとありがたいです
にほんブログ村 

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.