2018.08.22 Wednesday 00:02

ASEAN連合50周年、フィリピンが現代美術展示をホスト Asean Artists come together in 3 Museum of Manila

JUGEMテーマ:海外生活

 

1967年8月8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)ーフィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイの創設メンバーはこの地域を「絆で結ばれている」と記述した文書(後にASEAN宣言と呼ばれる)に署名しました。

 

それから50年も経つんですね。今やASEANも10カ国になりました。

 

 

今年ASEANの50周年を記念してフィリピンがホストとなり、10カ国から10人のアーティストを集め、マニラ市内の3つの美術館で8月上旬から展示しています。

 

 

パサイのメトロポリタン美術館、フィリピン大学内のヴァルガス美術館、マカティのユーシェンコ美術館です。

 

 

10名のアーティストがそれぞれの美術館に1点ずつ、計3点を展示することになります。

 

シンガポールのアーティストの作品。性的アイデンティティーと彼女の仕事における彼女と母との関係を探求しています。

 

 

何故かフィリピンのナガシティ(Naga Cities)と題された作品。ラオスのアーティストの作品。

 

 

寂れたビルディングと題された作品。

 

 

Salty-Like-Its(何と訳したらいいのかな?塩っぽい何とか?)ブルネイのアーティストの作品。

 

 

最後はフィリピンのアーティスト・ロベルト・フェレオ(Roberto Feleo)氏の作品です。

 

 

どうも私には理解不能なところがあります。芸術のセンスがないのでしょうかね。

 

10月6日までそれぞれの美術館で展示されていますので、興味のある方は行ってみてください。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.