2018.11.23 Friday 03:15

フィリピンはゴミ捨て場じゃない! Philippines is not a dumping site

JUGEMテーマ:海外生活

 

今年7月21日に韓国から運び出されたコンテナ船のコンテナに5100トンもの有害廃棄物が積載されてフィリピンに運び込まれました。

 

 

ミンダナオ島、ミサミス・オリエンタル州のミンダナオ国際コンテナターミナルには、1,000個以上の梱包が今もなお放置されています。そのゴミには有害廃棄物が含まれていることが判明しました。

 

 

出荷は合法的な「プラスチック合成フレーク」用として持ち込まれました。

 

しかし、詳細な検査や廃棄物の特性評価や分析の結果、使用済みのデキストロースチューブ、使用済みのおむつ、電池、電球、電子機器などの有害物質を含む梱包箱には、さまざまなゴミが含まれていました。

 

 

環境・天然資源省(DENR)は、韓国の有害廃棄物を含む混合ゴミであることが判明した「輸入業者」に対して訴訟を起こそうとしています。

 

 

輸入業者は、輸入許可はないが、リサイクル可能なプラスチック材料を国の港に持ち込むという見せかけで、何トンもの廃棄物を持ち込むことに成功しました。

 

 

その業者はミンダナオ島のタゴロアン町(Tagoloan)で廃棄物リサイクル施設を運営する韓国のベルデ・ソコ競ぅ鵐瀬好肇螢▲襦Ε魁璽廖Verde Soko II Industrial Corp.)です。

 

 

環境・天然資源省(DENR)は「出荷を引き起こしたと考えられる会社の背後にある人物を特定した後に、訴訟を起こすと述べています。「韓国人がこれに関与しているかどうか、韓国の司法関係者が関与しているかどうかを調べる」としています。

 

 

韓国政府は22日、フィリピンの韓国大使館が発表した声明で、問題の廃棄物をできるだけ早く韓国に戻すための措置を取ると述べました。

 

 

さてさて本当に韓国政府は約束を守るのでしょうかね?

 

日本との約束は全く守らないですよね。フィリピンとの約束は守るのかな?

 

仮に、約束を守って韓国に返送したとして、この有害ゴミをどうするんでしょうかね?

 

まさか竹島沖に海洋投棄なんかしないでしょうね。

 

日本もこの辺はしっかりとウオッチしていかなくてはいけないと思います。

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!    

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://manilafreak.jugem.jp/trackback/1201
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.