2019.01.03 Thursday 00:03

持続可能な観光を目指すフィリピン観光省 The DOT in 2018: Promoting sustainable tourism

JUGEMテーマ:海外生活

 

フィリピン観光省(DOT)は、持続可能な観光の促進と国内の主要観光地のリハビリテーションへの努力で、観光が世界に前向きだというイメージを押し出しました。

 

持続可能な観光というのは昨年壮大な実験を行ったボラカイ島の例が顕著ですね。一時は瀕死の重傷を負っていたボラカイ島ですが、昨年4月から10月まで6ヶ月間の閉鎖という荒療治を施し、見事に再生させたのは記憶にまだ新しいです。

 

このプロジェクトはドゥテルテ大統領の肝いりで始まったプロジェクトですが、大統領のお気に入りのベルナデット・ロムロ・プヤット(Bernadette Romuro Puyat)観光省長官(Secretary of Dept. of Tourism)が持続可能な観光を推進しています。

 

プヤット長官は今年の彼らの目標は他の主要目的地の修復と代替地の促進を続けることであると述べました。

 

修復作業は、パラワン(Palawan)のエルニド(El Nido)とコロン(Coron)、ボホール(Bohol)のパングラオ(Panglao)、シャルガオ(Siargao)で行われます。

 

「私たちはまだ代替目的地を促進するつもりですが、私たちは他のすべての主要な観光地、特に環境法に従わないものを修復し続ける」と長官は言いました。

 

「ボラカイ島での経験の後、多くの人々が持続可能な観光の重要性を学びました」と長官は彼女に送られたメッセージを引用して言いました。

 

「人々は実際に環境に関心があり、観光地を清潔に保つことができるので、これは非常に良いと思います」と彼女は付け加えました。

 

プヤット長官がワンダ・コラソン・テオ(Wanda Corazon Teo)前観光長官に代わって観光省の長に就任するとすぐに、彼女はすべての機関の取引を見直すことによって腐敗行為を止めると誓いました。これが大統領から受け取った行進命令です。

 

前観光長官は汚職を指弾されて更迭されました。

 

プヤット観光長官はすべての取引において透明性を保証し、ボラカイの修復は他の目的地を劣化から守るため、努力を終わらせてはならないと約束しました。

 

汚職のない施策を遂行していって頂きたいと思います。頑張れ観光省、頑張れ観光長官!

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://manilafreak.jugem.jp/trackback/1240
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.