2019.01.06 Sunday 10:00

2018年に最も話題になったベスト10フード(1) 10 most talked about food finds in 2018 (1)

JUGEMテーマ:海外生活

 

2018年に話題になった食をご紹介してみましょう。皆さんご存知でしょうか?

 

1 ダバオからやって来たマクシーマンゴ(Maxi Mango)癖になるマンゴフロートです。

 

 

このマンゴフロートは65ペソからで、アイスクリーム、マンゴビッツ、クリーム、砕いたグラハムクラッカーで成り立っています。

もっと簡単なものは49ペソ。アイスクリームの上にマンゴのチップが乗っています。


現在の店舗はロビンソンガレリア、グロリエッタ、モール・オブ・アジアにありますが、ケソンシティに今年の初旬に4店舗ほどをオープンの予定です。

 

2 セブからやって来たのは高級食べ放題の海鮮レストラン、イスラ・スグブ・シーフード・シティ(Isla Sugbu Seafood City)です。ベニスグランドキャナルモール(Venice Grand Canal Mall)に開店したイスラ・スグブ・シーフードシティ(Isla Sugbu Seafood City)は原則、ダンパ(Dampa)と同じスタイル(ダンパは市場が中心になり、そこから魚介類や野菜、肉などを選んで、レストランで調理をしてもらう)です。

 

 

ダンパは市場で個々購入しますが、このレストランは一定額を払うので食べ放題になっています。

 

 

 

3 オルティガス(Ortigas)のポディウム・モール(Podium Mall)の2階に開店したのがコーナーマーケット・フードホール(Corner Market Food Hall)です。

 

1200平米の大きさで450名のキャパシティがあります。17の仕入れ業者さんがそれぞれのフードを展開しています。現代的なデザインと明るい雰囲気、そして厳選されたグルメのオプションを備えたコーナーマーケットは、高級なショッピングモールにたくさんの食べ物を集めました。チャーシュー(Charsiew)のピンチョスみたいなものを売っていますね。

 

4 やはりダンパのコンセプトでパサイ市にオープンしたのがこのシースケープ・ビレッジ(Seascape Villege)です。

 

 

パサイ市のシースケープビレッジに隣接するベイマーケットは、高級な「ダンパ」としての地位を確固たるものにしています。

 

 

新鮮で生き生きとした魚介類のための独自の清潔で組織化されたウェットマーケット、適切にデザインされたレストランが並ぶモールのような環境、そしてマーケットとレストランに供給する独自のアイスプラントさえあります。 

ソフィテルフィリピンプラザマニラ(Sofitel Philippine Plaza Manila) とマニラ映画センター(the Manila Film Center)の間に位置するシースケープビレッジは、実際には用途が異なる開発で、ベイマーケットはプロジェクトの第一段階に過ぎません。

 

 

ベイマーケットは13のレストランを内包しています。 Mr. A’s Bar, Asian Taste Restaurant, Blue Post Boiling Crabs and Shrimps, Darwin’s Café Hong Kong Special, Fish Music Bar, GoGo Kitchen, Golden China, Golden Fortune, Lhong-E, Lola Ina’s Seafood Paluto Restaurant, Mazu Seaside Diner, Wow Cow Fresh Beef Hot Pot, そしてYatai Asian Cuisineです。

 

すぐにライフスタイルやウェルネスショップのための小売スペース、ベイウォークエリアの人工ビーチ、そしてホテルを持つようになるでしょう。商業用不動産全体は2020年までに完成するでしょう。 

 

5 ルイージ・ムーラック・シェフ(Luigi Muhlach Chef)による最新レストラン、ルム(Lumu)グリーンベルト3の3階にあり、古くからのピノイのビアホールへの栄光とおいしさへの調整を目指しています。

 

ルム(Lumu)はLuve UとMiss Uから取ったそうです。

 

タロイモとカモーテ(さつまいも)の薄切りを揚げたものにマヨネーズとアドボチップスを散りばめたもの。

 

シシグ(Sisig)なんかもありますよ。

 

(2)に続きます。何か大きなプロジェクトが動いていますね。これからが楽しみですが、どんどん値段は高くなる一方ですね。貧乏な爺には厳しいマニラになりつつあります(悲)

 

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真のバナーを

ポチッと押して頂けると非常にありがたいです。

ブログの順位が上がりブログを書き続ける原動力になります。

よろしくお願いいたします。

Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://manilafreak.jugem.jp/trackback/1246
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.