2013.02.23 Saturday 00:02

フィリピンバナナと日比海洋協議

 2月22日マニラで日本・フィリピン海洋協議が開催されました。テーマは日本とフィリピンの間で国際海洋条約に関しての2国間の相互協力や関係地域の海洋問題の情報交換などが行われた模様です。両国は海洋をめぐる問題は国連海洋法条約にのっとり、国際ルールに従って解決を図ろうとすることで一致している。

この協議には日本から外務省、内閣官房、防衛賞、海上保安庁の関係者、フィリピン側から外務省、国防省、フィリピン沿岸警備隊、海事産業賞、国家地図資源庁、農業省の関係者が出席した。

早い話が日本もフィリピンも中国の海洋政策に対して2国間で協力し合って行こうじゃないかということでしょう。日本は尖閣諸島問題で頭を悩まし、フィリピンも南沙諸島問題で中国とかなり激しいバトルを繰り広げています。

先ごろ、フィリピンは国連海洋法条約にのっとって仲裁裁判所に中国を提訴、しかしこれを中国は無視して提訴には応じていない。したがってフィリピンは中国不在のまま、仲裁裁判所で法廷闘争をもくもくと進めていくことに成る。

こういった一連のフィリピンと中国の衝突の上で、中国はフィリピンにいろいろな嫌がらせをしてきている。その最たるものはバナナの輸入を全面的にストップさせたことです。ですからフィリピンバナナは行き場を失ってしまいました。
今までもフィリピンは日本に対して、日本にかつて侵略された国であるにもかかわらず、日本の軍備強大化を歓迎するとの談話をデル・ロサリオ外務長官が表明しています。こういったフィリピン側からのある種悲鳴に近い叫びを日本側は受けとめてあげなくてはいけないと思います。

そういった一連の状況を踏まえ、日本はもっとフィリピンのバナナを輸入してたくさん食べてあげて欲しいです。バナナだけでなく、乾燥バナナチップもあります。先日聞いた話では、中国が買わなくなったのでバナナが余り、困った窮余の一策としてバナナチップを作り始めた地域があります。
そのバナナチップ作成に尽力している日系人社会がフィリピンの中にあります。この際、バナナ1日1本運動といったものを提唱していきたいと思っています。困っているときはお互い様、ましてや同じ国から両国とも理不尽な行為を受けているのですから。

まさか中国も日本が「1日1本バナナを食べよう運動」に対してクレームをつけてくるとも思えないですから。

でもひょっとしたら、「バナナを買うな」という一斉攻撃がインターネット上で起こるかもしれませんね。

下の画像クリックよろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

Comment:
2013/02/23 12:10 PM, でぶ熊 wrote:
中国のバナナ輸入禁止はフィリピンだけでなく中国自国民にも影響するでしょう。日本も同じですがエクアドルのような南米から輸入してるのかも。
昔呼ばれたバナナボートの航路も変わってしまいます。

余談ですが友人は米国東西海岸を航海士として乗り組んでました。今は何故かバンコクに上陸して定住してしまいましたが。

バナナチップとは良いアイデアですね。
猿の朝飯並にバナナにヨーグルトを必ず朝食デザートにする女房には向いているかも。
しかし入院中の今、東京のバナナは不味いからマレーシア産バナナが欲しいと我儘言います。
東京で入手できるバナナはフィリピン、南米産なのですが何時も自分で行き近くの民家で分けてもらうモンキーバナナが好きなのです。サルの朝食ですから(笑)

フィリピンにも多種あるのでしょうがマレーシアのバナナは種類によって特徴があります。
土壌の違いは野菜、果実の味に影響しますから。
2013/02/23 3:07 PM, ニル wrote:
でぶ熊さん
バナナはフィリピンのスーパーなどでは通常5種類くらい置いてあるようです。セニョリータという俗に言うモンキーバナナもあります。
味がそれなりに違うのですが、その辺はなかなか微妙ですね。ききバナナはぼくにはできないですね。
明日のブログはひとつバナナネタでやりましょうかね。
2016/11/22 2:34 PM, のり太 wrote:
完全にムダ、無意味では無いとは思いますが、普段買い物をしている日本国内のスーパーやショッピングセンター等の小売店で買うバナナの数、量を増やす。産地はフィリピン産と明記されてるバナナを優先的に買うでも生産地のフィリピンの生産者の経済的損失の改善、穴埋めに実際に役立つのかな?どれくらい効果があるのだろう。と思うのですが、日本国内の小売店から買う一般の消費者の立場の私達からするとイマイチ良く分からない部分がありますね。
栄養面でバナナで代替可能な食べ物はバナナに置き換えてバナナを食べる量を増やそうかな。
価格が上がった輸入食品、食材もあったりするし。栄養面で変わらなくてバナナが嫌いではないなら悪くはないですね。
輸入小麦やコーンが原材料のスナック菓子の代わりにバナナとか。
小麦やコーンは為替の影響だけでなく先物取引とかの影響でしばしば値上がりするし。
スナック菓子による塩分のとり過ぎも無いし。
果糖はあるけど糖分だらけの清涼飲料水よりはいいだろうし。
Add a comment:









Trackback:
http://manilafreak.jugem.jp/trackback/161
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.