2014.05.03 Saturday 10:17

18.4億円のブティック・リゾート ボホール島 前編

ボホールの海を見下ろすパングラオ島の高台に建つブティック・ホテル・リゾート。このパングラオ島にはたくさんの高級リゾートが点在しています。ボホール島と橋で繋がっているパングラオ島、この島の白砂のビーチはボラカイ島の白砂と比べても全くひけをとりません。

もっともこのブティック・リゾートは高台に建っているので砂浜はありません。見晴らしは最高にいいですね。全部で7.5ヘクタールの広さがあります。これで18.4億円で売り出しています。

フランス人のインテリアデザイナーであるニコラス・ムーサンペス氏とそのフィリピン人妻パトリシアが最初にこの土地を購入したのが2007年。それから毎年いろいろと建て増しをしながら、2012年にやっと本館がオープンしました。

建物はシンプルに作られていて、木を多用し屋根もかやで葺いてあります。ひとつの大きな建物で作られたリゾートではありません。いろいろな建物が組み合わさってこの建築が完成しているのです。

メインの居間と食堂です。両サイドは吹き抜けになっています。このほかビデオシアターやビリヤード、ジムなどもあります。

図書室です。ここにはグランドピアノが置かれ、2000冊以上の本が並んでいます。

デザイナーとしてのキャリアを積み上げながら集めた収集品はアジアとヨーロッパの折衷です。フランス人でありながら40年にわたって香港に住んでいた結果なのでしょう。

4つのベッドルーム・パビリオンがあり、5番目のベッドルーム・パビリオンは中国館と呼ばれています。これはメインベッドルームです。

メインの浴室は床に浴槽が作られています。そこからは海が一望できます。

こちらの敷地には3つのギャラリーがあります。1番目はアジアの美術品を集めたもの。2番目は現代美術を集めたもの。この写真は現代美術のギャラリーです。そして3番目は17世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの油絵コレクションがあるギャラリーです。

ここまでが前編です。明日は後編になります。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://manilafreak.jugem.jp/trackback/724
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.