2014.12.21 Sunday 08:57

モンテンルパ刑務所のガサ入れで出てきた物 驚嘆! Politicians own guns seized in New Bilibid Prison

12月15日司法省デリマ長官を筆頭にモンテンルパ刑務所(本当の名前はニュービリビッド刑務所)にガサ入れを行いました。以前から刑務所の特別待遇や所内での武器、麻薬などに関しての噂が絶えませんでしたが、今回デリマ司法長官によって捜索が行われました。

なんと出てくる、出てくる、いろいろなものが出てきました。でもかなりのものは事前に看守から捜索の情報が漏れていたようで隠されたり、所外に持ち出されたりと、完全な不意打ちにはなりませんでした。でもそれなりの成果はありました。写真は中央にいる女性がデリマ司法長官です。

何と言ってもライフルを含めた銃が6丁出てきましたね。それに大量の紙幣、麻薬などです。銃6丁のうち4丁は下院議員や政治家の名義になっているとのこと。当然ながらこれらの政治家は法廷に呼び出されて追求を受けることになります。

とにかくこの刑務所の中にはとてつもないものがたくさん隠されていると言われていますので、本当の急襲であったならもっと面白かったでしょうね。

何と言ってもここの受刑者の中では麻薬王と呼ばれるピーター・コー受刑者がある程度の標的になっています。彼の特別にあつらえた部屋はビックリ仰天です。まずは有線の監視カメラがついているんですね。やはり防犯は刑務所内でも大事ですね。特に大物になればなるほど必要となりますね。

それに数々のオーディオ機器。プレイステーション4だってあるんです。

当たり前のごとく超大型フラットテレビ。さっきの監視カメラの映像もこのテレビに映るんでしょうね。

これで驚いちゃいけません、プロジェクターだって完備です。もちろんコンピューターもアップルです。インターネット用のwifi増幅器も完備です。どのくらいのスピードでしょうかね。きっと私の家のwifiよりも速いんでしょうね。

2つある寝室の1つの見せ掛けの壁の裏にはサウナとジャグジーもありました。もちろんバス・トイレはホテル並です。

当然ながらクーラーは最新式のコンバーターでしょうか。

捜索に入った時に身に着けていた時計はダイヤモンドが散りばめられたロレックスです。その他現金を16万9千ペソと2千6百ドルをポケットに入れて持っていたそうです。

パテック・フィリップなんかも置いてあるんですね。

キャッシュはハンディ・セーフティボックスに入っていたのでしょうか、140万ペソあったそうです。

一つの部屋はディスコライトが点滅してバンド用の楽器が全部おいてあったそうですよ。

酒も煙草も全て高級なものが置かれていて本当にハーレム状態だったのですね。もちろん麻薬の吸引具も完備です。セックストイの人形もありましたね。きっとあれはメイドインジャパンなんでしょう。でも本物の女性も相当出入りしていたと思いますけどね。

高級靴もイメルダ夫人に負けないくらいあったんですかね。
本当にフィリピン司法省頑張ってくださいね。

いつもご愛読ありがとうございます。下の「フィリピン情報」の写真や右欄の「海外ブログ」などのバナーをクリックして頂けると非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。Thank you for the continuous reading. Please click banner below. Maraming salamat po!
 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.