2014.04.28 Monday 16:18

ATMからお金が出なかった時の対処の仕方

今日、お金をATMから引き出そうとしたらATMにお金がなかったのか、機械の調子が悪かったのか、お金が出てきませんでした。これでフィリピンでお金が出てこなかったのは3回目になります。

私が良く使っている銀行はこのBDO(Banco De Oro)です。

日本の銀行のATMでしたらお金が出てこなければ帳簿上も引き落とされていないのが普通ですが、フィリピンの銀行はお金が出てこなくても確実に引き落とされています。

まずお金が出てこない場合は大体長い時間待たされます。ATMが中でグルグル廻っている音がしていますが、画面はそのまま動きません。Transaction is completedなどという風に画面上はなっています。取引は完了しましたといった感じですね。

こういう時はあせらず冷静に対処しましょう。とにかく待っているとこんな髪が印刷されて出てきます。

これにはUnable to Dispense, 引き出しできませんという風に印刷されてでききます。日本人だとこういう紙が出てくると引き出されていないと思いがちですが、間違いなく引き落とされているので注意してください。そしてすぐに残高をチェックしましょう。そして残高をプリントアウトするといいですね。

店舗のATMならすぐに、店舗の行員に話をしましょう。BDOの場合ですとカスタマーセンターに電話をします。もちろん行員がかけてくれるのですが、その後はカスタマーセンターの人間とのやり取りがあります。まずはATMカードの番号を聞かれます。それから名前を聞かれます。登録してある住所、電話番号、西南月日を聞かれます。登録をした視点の名前も聞かれますね。

いくら引き出そうとしたのか、金額を言って出てこなかった旨を説明します。ATMセンターに問い合わせの上、5営業日のうちに振込みすると言われます。その時に9桁の参照番号をくれますので書きとめましょう。5営業日たっても振り込まれないときは電話してチェックしてもらいましょう。その時のための参照番号です。


モールなどのATMの場合はすぐにカードの裏面に書かれている電話番号に電話しましょう。フリーダイヤルの番号が載っています。

今日はまたやられてしまったと、ちょっとムカムカです。まあ気をつけていてもこればかりはどうにもなりません。本当に戻ってくるのかどうかきがきですが、一応こうした一連の手続きをちゃんと踏めば大丈夫と思います。基本的にはATMが反応しない時はATMをいじくらないで待つのがいいです。

ではお気をつけください。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真クリックしていただけると非常にうれしいです。よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.04.10 Thursday 11:06

世界8番目の笑顔の国・フィリピン その8つの理由

ヤフーニュースに面白い記事が載っていました。世界で8番目に笑顔の国であるとランクインされているフィリピン、その8つの理由という記事をウインシー・アキノ・オング(Wincy Aquino Ong)氏が書いています。

アジアの国でトップ10に入ったのはフィリピンだけです。

まずは8つの理由の8番目です。とにかく音楽大好き人間のフィリピン。確かにカラオケ大流行、夜中まであちこちでやってますね。またフィリピン人基本的に歌上手です。

7番目はさんさんと降り注ぐ太陽光からビタミンDを吸収しているから。ビタミンDはうつ病などを抑制するセロトニンを活性化するからです。

ジョリビーがもたらす幸福。とにかく週末は家族でジョリビーでご飯。子供の誕生日のお祝いやパーティもジョリビー。マクドナルドが勝てないわけです。この辺を挙げるところがフィリピンらしいです。

民主主義が幸せをもたらす。完璧なものではないが、着実に民主主義は根付いている。

政府が供給してくれないものを家族や友人たちがしばしば代行してくれる。すでにみんなフィリピン政府に見切りをつけちゃったってことなんですね。

我々の土地はとてつもなく豊かである。たしかにフィリピンも自然には本当に恵まれているんですね。

フィリピン人は幸せの遺伝子を持っている。FUN(楽しみ、面白いこと、愉快なこと)はフィリピン人のミドルネームであると言ってます。

素晴らしい食べ物がこの国にはたくさんあると言ってます。それほど賛同はできないですが、フィリピン料理もフィリピンの食べ物も美味しいものがかなりありますね。

まあ、結局フィリピンは何でもすごいぞ、いいぞと言えるこの国民性が8番目にランクされた理由なんでしょうね。そういった意味では日本人の自虐的な感性はフィリピン人と足して2で割るといいかもしれません。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けますと非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.04.09 Wednesday 13:14

世界8番目の笑顔の国・フィリピン その8つの理由

ヤフーニュースに面白い記事が載っていました。世界で8番目に笑顔の国であるとランクインされているフィリピン、その8つの理由という記事をウインシー・アキノ・オング(Wincy Aquino Ong)氏が書いています。

アジアの国でトップ10に入ったのはフィリピンだけです。

まずは8つの理由の8番目です。とにかく音楽大好き人間のフィリピン。確かにカラオケ大流行、夜中まであちこちでやってますね。またフィリピン人基本的に歌上手です。

7番目はさんさんと降り注ぐ太陽光からビタミンDを吸収しているから。ビタミンDはうつ病などを抑制するセロトニンを活性化するからです。

ジョリビーがもたらす幸福。とにかく週末は家族でジョリビーでご飯。子供の誕生日のお祝いやパーティもジョリビー。マクドナルドが勝てないわけです。この辺を挙げるところがフィリピンらしいです。

民主主義が幸せをもたらす。完璧なものではないが、着実に民主主義は根付いている。

政府が供給してくれないものを家族や友人たちがしばしば代行してくれる。すでにみんなフィリピン政府に見切りをつけちゃったってことなんですね。

我々の土地はとてつもなく豊かである。たしかにフィリピンも自然には本当に恵まれているんですね。

フィリピン人は幸せの遺伝子を持っている。FUN(楽しみ、面白いこと、愉快なこと)はフィリピン人のミドルネームであると言ってます。

素晴らしい食べ物がこの国にはたくさんあると言ってます。それほど賛同はできないですが、フィリピン料理もフィリピンの食べ物も美味しいものがかなりありますね。

まあ、結局フィリピンは何でもすごいぞ、いいぞと言えるこの国民性が8番目にランクされた理由なんでしょうね。そういった意味では日本人の自虐的な感性はフィリピン人と足して2で割るといいかもしれません。

いつもご愛読ありがとうございます。下の写真をクリックして頂けますと非常にありがたいです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています
JUGEMテーマ:海外生活
http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.02.14 Friday 11:27

マルコス元大統領 不正蓄財約30億円が返還

 元マルコス大統領とその家族によってスイスの秘密口座に不正蓄財された約2900万ドル(約30億円)がフィリピン政府に今月初めに返還されました。
大統領府規制委員会によると1960年から80年にかけての役20年間に不正蓄財した金額は100億ドル(1兆円)とされています。
また規制委員会がこれまでに回収した金額は40億ドル(4000億円)とされています。
まあ、世の独裁者や政治家などはスイスのプライベートバンクに不正なお金を蓄財するのが常ですね。もっとも最近のスイスのプライベートバンクも世界から情報開示を求められていて、昔ほど彼らにとっては便利ではなくなってきているようです。
北朝鮮の金正日総書記もスイスに隠し財産をどっさりと持っているという話ですね。現金正恩第一書記もそういえばスイスの学校に通っていたんですね。その辺も無縁ではないのかもしれません。
スイスのプライベートバンクがどうしてこんなに有名になったかというと以下のような理由が挙げられます。

1 通常のアカウントは番号のみで一切預金者の名前は出てこない。
2 預金者の身元を知っているのはほんのわずかな担当者と上層部のみ
3 それぞれの顧客は来訪するのに際して予約を取る。これは顧客同士が会わないようにす  るため。
まあ、要するに徹底的に秘密を守れる体制を整えているんですね。しかしながら、昨今はアメリカやヨーロッパ各国からスイスの銀行に多大な圧力がかかっています。そのためスイスやルクセンブルグといったかつての秘密口座から香港やシンガポールといった国に資金が流れています。
しかしその香港やシンガポールにも世界からの圧力がかかってきているのが現状です。そろそろその辺の国から他の国に資金が流れていくのではないでしょうか。今度はどの辺の国に流れていくのか、まあフィリピンではないでしょうね。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.02.07 Friday 15:49

インターネットを駆使する若いフィリピン人は性的に活発

 フィリピンは人口の約92パーセントくらいがキリスト教、その中でも80パーセントがカトリック教徒と言われているカトリックの国です。カトリックの敬虔な信者も多く、長い間性に関しては非常に保守的なお国柄でした。
ところが昨今、伝統的に強力なカトリック教会もインターネットやモバイルにその影響力を失いつつあります。
昨年に行われた15歳から24歳の19000人以上の若者を調査したところ、オンラインで知り合い、露骨に性的なマテリアルが交換されるようになり、婚前交渉のパーセンテージが上がってきています。
フィリピン大学社会学研究ユニットでの調査によれば、1994年に23.4パーセントだったものが、2002年には23.2パーセントに上昇しています。また今回の調査では3分の1の若者が婚前交渉をしたと話しています。
インターネットやソーシャルメディア、またモバイルなどは外の世界とつながっていきます。より自由な性的な態度はそうした風潮に従順になっていくことで影響をうけていきます。
若い人々は自由にモバイルでインターネットに接続し、そこでソーシャルネットワーキングサイトに触れ、写真やビデオをより自由に手に入れることができます。
しかhしながら、こういった新技術で可能となった情報の増加は安全なセックスに対する情報の増大には結びついていません。
2002年に6.3パーセントであったティーンエージャーの妊娠率が昨年は13.6パーセントと倍以上に跳ね上がっています。
調査結果は教会の影響力が衰退したことを裏付けています。これら若い人々のふるまいには教会の影響力が及ばなくなってきてしまったのは確かなようです。

写真の人物とブログ内容は全く関係はございません。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.01.19 Sunday 13:23

フィリピンのウオッシュレット 快適!しかも一石二鳥

 日本にウオッシュレットが登場してかれこれ30数年、日本ではまだ日本式トイレも残ってはいるものの、かなりの普及率となっています。これを使い出すとこれを使わずにはいられなくなるんですね。

フィリピンでは昔から手動のウオッシュレットです。まあ早い話が手桶で水をかけて手で洗うというのが一般的でした。
これはこれで便利なんですが、やはり日本人にはちょっと抵抗がありますね。ところが最近フィリピンのトイレにあるものが付くようになってきたんです。
ホースらしきものが付いています。
ここにも付いています。実はこれがフィリピンのウオッシュレット。電気はいらないし、水も暖かい国なので冷たくありません。何とも便利なものが付くようになりました。
この通り勢いよく水が出ます。もちろんウオッシュレットとしても使えますが、掃除にも使えちゃう一石二鳥の優れもの。
もちろん、こういったウオッシュレットも販売されていますが、何と言ってもフィリピン風のウオッシュレットが最高です。
まあどこかで見かけたら、一度使ってみてください。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2014.01.16 Thursday 21:10

「誤解されているフィリピン」の証明?!

 常々「誤解されているフィリピン」と言い続けてきた訳ですが、またここに来て1つの報道がありました。「フィリピン日本人男性射殺事件 勤務先の経営者の男らを逮捕」という記事がFNNニュースで報道されていました。

いつもはフィリピンで殺人などといったら大騒ぎをする日本の各メディアですが、今回はおとなしいものですね。各メディアはフィリピン・マニラで起きたということはほとんどサラッと流して書いてあるだけです。「フィリピン日本人男性射殺事件 勤務先の経営者の男らを逮捕」「保険金目的か、マニラで日本人男性殺害容疑・・・京都の兄弟を逮捕」とフィリピンとかマニラとか表題に書いてあるのはFNNとMSNくらいのものです。

フィリピンとかマニラとかで日本人殺人事件などとなったらそれこそ鬼の首でも獲ったのごとく騒ぎまくる日本のメディア。各メディアのデスクは未だにフィリピン・マニラで犯罪というのに憧れをいだいているんでしょうかね。

いままでもそうですが、フィリピンではたくさん殺人事件が起きています。しかしながら基本的にフィリピンで起きる日本人の殺人事件はまず第一に日本人がからんでいる事件がほとんどでしょう。特に保険金殺人に関しては日本人によるフィリピンでの殺人が多いです。もちろんフィリピン人が殺害犯の場合が多いですが、黒幕は日本人なんですね。

「犯罪の影に女有り」とは古来から言われてきたことですが、ここフィリピンでは「殺人の影に日本人有り」という格言ができそうです。

しかし「女の影に犯罪あり」で、日本人が殺されるもう一つの理由は「痴情関係のもつれ」と「金銭関係のもつれ」です。日本人がフィリピンにやってきて若い女の子と関係を持つ、そこでいろいろと軋轢が生まれます。また金銭に関しても問題が起きる。そういったことで起きるケースが非常に多いです。

一般の普通の観光客が殺人事件に巻き込まれることはまず無いといってよいと思います。たからと言って「フィリピンが安全である」などとは申しません。しかしながら他のアジアの国々を比べてみてもメチャクチャ悪いということではないと思います。

また日本大使館が発行するビザに関してもどうしてフィリピン人には未だに厳しいんでしょう。あの中国の極悪蛇頭や韓国のスリ軍団には簡単にビザを発給しています。これだけ凶悪犯罪を犯す人たちには優しい日本。ほとんで軽犯罪くらいしか犯さないフィリピン人にどうして厳しいのか、その辺がいつも気になるところです。

今日の報道でまたひとつフィリピンの嫌疑が晴れたのは喜ばしいことです。しかしながら金をちらつかせてフィリピン人を殺人犯にしてしまう日本人の根性が嫌です。もっともそれを受けるフィリピン人も阿呆ですけどね。

とにかく心ある日本人の方々は札束で人の頬を張るような真似だけは止めましょうね。やはり貧乏から抜け出せないフィリピン人は金には弱いですから。金で釣る日本人が悪いのか、釣られるフィリピン人が悪いのか、どちらも問題ですが、少なくとも釣る人間がいなければ釣られる人間も基本的にはいないということだと思います。

フィリピンやフィリピン人がすごく素晴らしいと言ってるわけでもありません。ただ日本人の方が衣食が足りているわけですから、「衣食足りて礼節を知る」のたとえどおり、衣食の足りていないフィリピン人に対しては寛容に対処するのが大人の日本人かとも思います。

今日、ニュースを見ていて日ごろから思っていることを書きたくなり、いつものブログのノリとは違うものになりましたが、たまにはたまっている思いを吐き出すのもいいかなと思いアップすることにします。

やっぱり、「優しい日本人でありたい」と願っています。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2013.12.13 Friday 15:03

フィリピンのケチケチ・クリスマスプレゼント

 この時期になると誰でも頭を悩ませるのはクリスマスプレゼント。お金もかかるけれど、何を送るかにもかなり大変な思いをさせられます。そんな貴方がたに安くて気の利いたプレゼントの特集が組まれます。まあ、日本の女性誌なんかにもありそうな特集ですね。
まずはお父さん向けのプレゼントです。
この記事ではパジャマを薦めています。ちょっと可笑しなアニマルプリント柄や子犬の柄なんかいかがでしょうと。429.75ペソ(約1000円)
お母さんにはちょっとお洒落なエコバッグを。129.75ペソ(約300円)
お兄さんにはクールなヘッドフォンを。249.75ペソ(約580円)
お姉さんにはマニュキア液などどうでしょう。いろいろな色を楽しめるように。1本24.75ペソ(約57円)
小さな女の子にはやはりお人形さん(ぬいぐるみ)でしょう。349.75ペソ(約815円)
小さな男の子にはウクレレです。175.75ペソ(約410円)
自宅で寛ぐのが好きなおじいちゃんにはお洒落な室内履きスリッパを。150.75ペソ(約350円)
おばあちゃんもちょっとしたお出かけの時は鮮やかにコーディネートされた服装で素敵なバッグをお供に。499.75ペソ(約1165円)
そしてオフィスメートにはコーヒーカップ。これにコーヒー豆を付ければ完璧です。マグカップは99.75ペソ(約235円)
貴方の大事なお友達には、電子レンジで作るポップコーン、もちろん一緒に深夜映画を見る約束を付けてください。3パックで131.75ペソ(約308円)

本当にこれからの時期、プレゼント選びに頭を悩ませます。少しは助けになったでしょうか?書いてる本人が困っているのでから、駄目ですね。今度の日曜日はモールに探しに行きましょう。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2013.11.23 Saturday 12:03

被災者支援のチャリティコンサート ボニファシオ・グローバル・シティ

 海外からの台風ヨランダによる災害支援が活発になる中、フィリピン国内でもいろいろなチャリティが行われています。マラテのクラブEXKLUSIV(エクスクルーシブ)でも行われていたのは先日お伝えしましたが、BGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)でもチャリティコンサートが開催されていました。
お昼時、なにやら人々が集まっています。音楽は遠くからでも聞こえてきます。何が始まったかと見に行くと、こんな人だかりの中で素敵なコーラスが聞こえてきます。
フィリピン人もやはりこの被災者支援に対しては敏感なんですね。
やはり人々の優しい心遣いはうれしいものです。
ビルの中ではかなりの人数のコーラスグループがお揃いのコスチュームでお洒落に歌っています。
やはりフィリピン人はこういうことをやらせると本当に才能を発揮しますね。次から次へとヒット曲を歌っていきます。
横には大きなクリスマスツリーも飾ってあります。被災者の皆さん方も今年のクリスマスまでには何とか復興して欲しいところです。

愛する家族や親類、友人を失った悲しみは大きいとは思いますが、せめてクリスマスをお祝いできる環境になればと思います。

自衛隊の皆さん、大変でしょうがフィリピンのために頑張ってください。そして支援していただいている全てのかたがたに感謝いたします

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

2013.11.20 Wednesday 08:16

被災者支援 巷に溢れる感謝のメッセージ 

 世界各国からフィリピン支援の暖かい手が差し伸べられている中、巷には支援への感謝の書き込みやイラスト、ポスターなどがたくさん登場しています。またフィリピン人魂を鼓舞するメッセージも溢れています。そのうちのいくつかをご紹介いたします。
あの巨大台風ヨランダによってこの美しい島が無残にも何もない島になってしまいました。
当初は祈るしかなかったのかもしれませんが、現在では本当に各国の支援で希望が見えてきています。
日本でもたくさんの人たちがフィリピンのために募金をしてくれています。
フィリピン国民から世界の皆さんへの感謝のメッセージです。
いろいろな国の国旗をかたどった手はフィリピン国旗の手に手を差し伸べています。
こういったパターンのイラストが街には溢れています。
フィリピンは一致団結して困難に立ち向かいましょう。
仙台からのメッセージです。
フィリピン人魂はどんな台風よりも強いんです。
こういう時に国旗の持つカリスマとか勇気とか誇りとかが人々の心を支えるのだなと感じます。そういう意味では日本の一部の国旗、国歌を否定する人たちがいるのは実に残念なことです。フィリピンに来てとてもうれしかったことの一つに、どこにいても国歌が演じられれば、皆が立ち上がって旨に手を当て、国歌を口ずさむ。こんな単純なことができない日本が時に残念で仕方ありません。しかしこのフィリピンの災害支援で自衛隊を躊躇なく送った安倍政権には拍手を惜しみません。

下の写真クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村ランキング入りをめざしています

JUGEMテーマ:海外生活

http://overseas.blogmura.com/rpc/trackback/102677/uvaxso2infxxサイトマップXML自動生成ツールを利用しています。 
google-site-verification: google3061d5f4807fe6f0.html

<<new | 2 / 6pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
クリックよろしくお願いいたします
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.